ソウル―ベルリン 玉突き書簡―境界線上の対話

制作 : 徐 京植 
  • 岩波書店 (2008年4月16日発売)
3.71
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :29
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (187ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000237185

ソウル―ベルリン 玉突き書簡―境界線上の対話の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 在日韓国人である徐京植とドイツに在住している多和田葉子は、二人共本来の母国語を使わず、外国語を主として生活している観点から「家」「名前」「旅」「遊び」「光」「声」「翻訳」「殉教」「故郷」「動物」を考察し、《境界線》にいる者としての独自の言葉の違和感を紡ぐ往復書簡集。
    どの章も興味深くたいへん面白かった。

    それと黒崎由梨が描く、各章題の挿絵が鬱で妖しげで、思いがけず脳天に一撃を喰らい失禁するほど良かった。

  • 二人がお互いの近況、日々思うことなどを書簡にして交じり合いながら互いに影響されていく様子がいいです。
    深い感受性を持って物事を見る多和田さん、物事を冷静に比較して捉えようとする除さん、ふたりの魅力が時に掛け合わされ、すれ違いもありながら絶妙な共和音が響いてる感じです。
    とても読みがいがあります。

全2件中 1 - 2件を表示

徐京植の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ソウル―ベルリン 玉突き書簡―境界線上の対話はこんな本です

ツイートする