創造的政策としての地方分権――第二次分権改革と持続的発展

著者 :
  • 岩波書店
4.40
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (264ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000237239

作品紹介・あらすじ

地方分権とは利害を調整する政策ではなく、新たな価値体系の中で模索される創造的な政策である。右肩上がりの成長の時代を終え、少子高齢化の中で大きな転換期にある日本。明治以降の中央集権による地方自治の歴史と分権改革の経緯をたどり、地方分権の必然性を浮かび上がらせる。地方分権改革推進委員会事務局長を務めた著者が、第二次分権改革までの成果と課題を明らかにし、今後の指針を示す。地方分権の理念と実践を考えるための必読書。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 第一次分権改革から、民主党による地域主権改革までの地方分権改革の流れを記述。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

宮脇 淳(ミヤワキ アツシ)
北海道大学法学研究科教授
北海道大学法学研究科・公共政策大学院教授
1956年東京都生まれ。日本大学法学部卒業、1979年に参議院事務局参事、1989年株式会社日本総合研究所副主任研究員、1990年同研究所主任研究員、1998年同研究所主席研究員、同年10月北海道大学法学研究科教授、2005年同大公共政策大学院院長、2007年内閣府本府参与・地方分権改革推進委員会事務局長兼務、2011年北海道大学公共政策大学院院長、2013年同大法学研究科教授、国土交通省国土審議会委員、文部科学省中央審議会専門部会委員、総務省下水道事業研究会座長、国・地方自治体審議会・研究会座長・委員など多数、著書に『財政投融資の改革』(東洋経済新報社)、『創造的政策としての地方分権―第二次分権改革と持続的発展』(岩波書店)、『「政策思考力」基礎講座』(ぎょうせい)など多数。

「2017年 『自治体経営リスクと政策再生』 で使われていた紹介文から引用しています。」

宮脇淳の作品

創造的政策としての地方分権――第二次分権改革と持続的発展を本棚に登録しているひと

ツイートする