尊厳と身分――憲法的思惟と「日本」という問題

著者 : 蟻川恒正
  • 岩波書店 (2016年5月14日発売)
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • 14人登録
  • 1レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (368ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000237314

尊厳と身分――憲法的思惟と「日本」という問題の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ■体裁=四六判・上製・カバー・368頁
    ■定価(本体 3,600円 + 税)
    ■2016年5月13日
    ■ISBN978-4-00-023731-4 C0032

     「個人の尊厳」に含まれるパラドクスを原理的に考察し,九条論・憲法上の権利・憲法判例を再構成する.高い身分の普遍化として「個人の尊厳」を捉える表題論攷の他,憲法的思惟にとって「日本」とはいかなる問題かを分析する諸論攷を集めた待望の論集.
    https://iwanami.co.jp/.BOOKS/02/4/0237310.html


    【目次】
    1 「個人の尊厳」という仮構
    尊厳と身分
    「個人の尊厳」と九条

    2 憲法裁判と「個人の尊厳」
    裁判所と九条
    憲法二一条裁判としての九条訴訟
    最高裁判例に現われた「個人の尊厳」――婚外子法定相続分最高裁違憲決定を読む
    不起立訴訟と憲法一二条
    「命令」と「強制」の間――最高裁判例に潜在する「個人の尊厳」

    3 「尊厳」を担う「個人」
    憲法学に「個人」像は必要か
    自由をめぐる憲法と民法
    最高権力者の「表現の自由」
    法律家による釜ヶ崎サーガ――「学ぶ」者として、「権力者」として、ふたつの倫理履践の可能性(書評 遠藤比呂通『不平等の謎――憲法のテオリアとプラクシス』)
    厳しさと優しさ――広中俊雄先生の思い出に

全1件中 1 - 1件を表示

蟻川恒正の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
アンソニー・B・...
ジャレド・ダイア...
マックス ヴェー...
トマ・ピケティ
V・S・ラマチャ...
トーマス・セドラ...
有効な右矢印 無効な右矢印

尊厳と身分――憲法的思惟と「日本」という問題はこんな本です

尊厳と身分――憲法的思惟と「日本」という問題を本棚に登録しているひと

ツイートする