大乗仏教概論

著者 :
制作 : 佐々木 閑 
  • 岩波書店
3.00
  • (1)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 12
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (437ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000237598

作品紹介・あらすじ

大乗仏教の意義とその理想を、西洋キリスト教社会に知らしめるために、アメリカ滞在時代の37歳の大拙が、満身の宗教的情熱と気概をもって執筆した作品。世界的仏教思想家大拙の誕生を鮮烈に告げたデビュー作であり、大拙の英文著作中の代表作の一つである。20世紀の西洋社会の仏教観に、大きな影響を与えたことでも知られる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 仏教について正確な知識を得ようとしてこの本を選んだら、失敗。訳者後記にあるが、これは大乗仏教ではなく、大拙版仏教ということのようです。

  • 大拙の情熱を感じる。世界が広がる。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

本名、貞太郎。1870年、金沢市生まれ。東京帝国大学在学中に、円覚寺にて参禅し、大拙の道号を受ける。97年、渡米。帰国後、東京帝国大学、学習院、大谷大学で教鞭を執るほか、英文雑誌を創刊し、海外に仏教や禅思想を発信した。1936年、世界信仰大会に日本代表として出席。イギリス、アメリカの諸大学で教壇に立った。66年没。著書に、『無心ということ』『禅とは何か』『日本的霊性』などがある。

「2017年 『東洋的な見方』 で使われていた紹介文から引用しています。」

大乗仏教概論のその他の作品

Outlines of Mahayana Buddhism ペーパーバック Outlines of Mahayana Buddhism 鈴木大拙
Outlines of Mahayana Buddhism ハードカバー Outlines of Mahayana Buddhism 鈴木大拙
1-B07H4H483Bの詳細を見る Kindle版 1-B07H4H483B 鈴木大拙

鈴木大拙の作品

大乗仏教概論を本棚に登録しているひと

ツイートする