ためらいの看護―臨床日誌から

著者 : 西川勝
  • 岩波書店 (2007年10月26日発売)
3.91
  • (4)
  • (2)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :28
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (209ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000237697

作品紹介

どう手を差し伸べれば、関わればよいのだろう。看護には揺るぎない根拠も、決まった方法もない。医療者・治療者である以前に、関係の当事者として、人に寄り添い、かすかな声や身じろぎの意味を聴き落とさぬよう、目的も方法も捨てて、「ためらい」つつ、傍らにいつづけること…。関わり合う現場で、ほかの誰でもない「その人」の生から学んだこと、そこにこそ、愛や人の尊厳について考えるヒントがあり、実践にホントウに役立つ指針、「そんなときの助け」がある。

ためらいの看護―臨床日誌からの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 精神科病棟で見習い看護師になったのをきっかけに、本格的に看護や臨床哲学を学んだ異色の経歴の方。
    臨床日誌とあるように、実際に様々な患者さん達との出会ういのなかで感じられたこともかなりあるので、とても読みやすく、「正解」の無い看護・介護の世界、本物の看護とは何かを深く考えさせられます。

  • 閉鎖病棟の中のリアルな日常

    人間はいつどうなるかなんてわからないんだよな

  • 2008/2 読。

  • 08年5月 図書館
    臨床哲学

全4件中 1 - 4件を表示

西川勝の作品

ためらいの看護―臨床日誌からはこんな本です

ツイートする