沈黙を破る―元イスラエル軍将兵が語る“占領”

著者 : 土井敏邦
  • 岩波書店 (2008年5月9日発売)
4.36
  • (7)
  • (5)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • 32人登録
  • 8レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000238496

作品紹介

パレスチナ自治区の占領地で日常的に繰り返される暴力や殺戮。イスラエルでは多くの兵士が占領地での任務に就くが、今までその実態が語られることはなかった。自らの加害体験を社会に伝えるために結成された青年退役兵たちのグループ「沈黙を破る」へのインタビューを通して、「占領」の本質を浮き彫りにする。

沈黙を破る―元イスラエル軍将兵が語る“占領”の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 読んで良かった。
    本当に読んで良かった。
    それだけに、三章の存在が残念でならない。

    【この本のこと】
    「沈黙を破る」とは、兵役で戦闘兵士として2000年ごろにガザやヨルダン川西岸地区(=“占領地”)に派兵された、元イスラエル軍将兵の青年たちのグループ。
    ここに掲載されているメンバーは全員、私とほぼ同世代で1980~82年生まれ。
    これ以上は、安易なまとめをしたくない。

    【私個人のこと】
    想像して怖れ、それを回避するために一生懸命取り組む。
    想像して希望を持ち、それに到達するために一生懸命取り組む。
    正しく目標を持つために、正しく怖れを持つために、知識と経験を積む。
    私は、私と関わりがあり、手と声の届く範囲の人たちとまず、自由や権利を害してしまった時、逆に踏み入ってこられた時、常に話し合いができるように準備をしておかなければいけない。
    言い争いではなくて、話し合いってどういうものか、準備をしておかなくては互いに恐怖に支配されてしまうから。
    全力で気をつけよう。
    日常的にできないことが、視野を拡大したときにできるはずがないから。

    【愚痴じみてしまったつぶやき的なもの】
    第三章。
    著者は、「沈黙を破る」のメンバーのインタビューをして、どうして「沈黙を破ったのかどうかわからない」旧日本軍の将兵たちと、「沈黙を破る」と決めた現在のイスラエル軍の将校たちを比較検討するなんて安易なことをしてしまったのだろう?
    現代の日本社会と、戦時中の日本社会をまとめて「日本社会の気質」なんて言葉でまとめて、まともな現実認識や正しい自省が生まれるはずないのに。
    繰り返し「自分の行いに対して責任を取る準備がある」と言い、ホロコースト・コンプレックスを言い訳にせず、1973年の戦時下と現在の占領下のガザを安易に比べたりせず自分を見つめる「沈黙を破る」のメンバーに対する答えが、この三章というのでは残念すぎる。
    私は、私自身の行い、私が今現在見つめなければいけないのに行動できない言い訳、それから未来に繋がる私自身について反省し、考えることはするけれど。
    こんなに話を聞いても、いたずらに母数を拡大すると「ある個人がしてもいない加虐の意識」と「ある個人がされてもいない被虐の意識」が交じり合って、新たな憎しみが形成されていくことに、どうして気付かなかったのか?
    それとも気付いたけれど、なにか大人の事情的なアレでこのような形で出版せざるを得なかったのだろうか?
    もしそうならば、三章は完全に別のテーマとして、一章・二章とそれぞれを完成させた形で書いて欲しい…。

  •  イスラエル社会の「沈黙の壁」を破り、「占領」の実態と、その中で加害行為に麻痺していく将兵のありようを訴える同名の元軍人グループの活動を紹介、4人の中心メンバーへの長いインタビューを収めた1冊。イスラエル社会で〈セキュリティ〉という用語が浮上する2000年代以降、占領地における暴力が昂進の一途をたどっていること、イスラエル社会の中で加害行為を例外化し、見ようとしない機制が作用していること、それゆえに占領地での兵役を経験した若い将兵の多くが、退役後、インドや東南アジアで酒やドラッグに溺れていく事例が見られること…。筆者の言うように、〈加害者でありながら、被害者を装う社会〉の問題は、まさにこの日本社会の問題でもある。
     
     一つ残念なのは、野田正彰へのインタビューにもとづくⅢ章「旧日本軍将兵とイスラエル軍将兵」での掘り下げがまったく不十分である点。「あとがき」には、本書の着想じたいに野田の著書『戦争と罪責』がきっかけになったと紹介されているが、それはそれとして、長きにわたってパレスチナ問題の報道に携わり、ナヌムの家のハルモニの生涯を追いかけたこともあるという筆者自身の言葉で、このグループの活動の意義、イスラエル社会での存在感、パレスチナ人の見方、証言者たちの証言内容への突き詰め等々を行っていくべきではなかったか。

  • 観点が良。歴史背景政治背景の説明が加えられたらなお良かった

  • 『異国に生きる』日本の中のビルマ人:ドキュメンタリー映画:土井敏邦
    http://doi-toshikuni.net/j/ikoku/


    岩波書店のPR
    「パレスチナ自治区の占領地で日常的に繰り返される暴力や殺戮。イスラエルでは多くの兵士が占領地での任務に就くが、今までその実態が語られることはなかった。自らの加害体験を社会に伝えるために結成された青年退役兵たちのグループ「沈黙を破る」へのインタビューを通して、「占領」の本質を浮き彫りにする。」
    著者からのメッセージ(岩波書店)
    http://www.iwanami.co.jp/search/index.html

  • 土井敏邦さんの同タイトルのドキュメンタリー映画を観たときの衝撃があまりに大きく、もういちどきちんと消化しようと思って、手にとってみた本。
    「沈黙を破る(Breaking the Silence)」とは、他の人々を武力で占領するとはどういうことなのか、自らの経験を語ろうと決めた元戦闘兵士・将校のグループだ。元兵士といっても、イスラエルは18歳から兵役があるので、まだ20代前半。日本でいえば大学を出たてくらいの、やさしい目をした若者たちである。その彼らが、「ある日、鏡の中の自分を見たら角が生えていた。自分は怪物になってしまった」と、目に苦渋を浮かべて語るという事実に圧倒される。
    「自分は占領地で権力をふるうことを楽しんでいた。それは誰か他人だと思いたいが、紛れもない自分なのだ」「他人のニーズに無関心になる、そのような意味でも、自分は暴力的になってしまった」。その自己分析を読むのはあまりにつらい。彼らはイスラエル社会の血塗られた拳としての身体をもって、占領がもたらすものをもっとも深い意味で問いかける存在だ。

  • 同名のDVDの書籍版。内容は殆ど同じ。

  • 読了:2009/11/07 図書館

  • ユダヤ人は第二次大戦で散々悲惨な目にあったのに、今度はパレスチナ人に対してそれ以上の攻撃をしている。
    それにしても歴史は繰り返すというが恐ろしい。
    子供達が、戦争ごっこをするという国はよくない。

全8件中 1 - 8件を表示

土井敏邦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
J・モーティマー...
安部 公房
P.W. シンガ...
三浦 しをん
ラジスラフ・フク...
有効な右矢印 無効な右矢印

沈黙を破る―元イスラエル軍将兵が語る“占領”に関連する談話室の質問

沈黙を破る―元イスラエル軍将兵が語る“占領”はこんな本です

ツイートする