デュマの大料理事典 特装版

  • 岩波書店
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 13
感想 : 3
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (487ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000240031

作品紹介・あらすじ

本書はアレクサンドル・デュマ=ペールの最晩年の著作『大料理辞典』(Grand dictionnaire de cuisine)(初版1873年刊)を抄訳・編集したものである。「辞書」としての体裁を保ちながら「料理書」としての性格に重点を置いて、料理に用いる材料・素材を中心に訳出した。原著の見出語約750中、訳出した項目約300。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 3F閲覧室
    A/596/517165

  • 2009/
    2009/

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1802-70。フランスを代表する小説家・劇作家。生涯に長短合わせて250篇あまりの作品を書いたとされる。主な作品に『コルシカの兄弟』『モンテ・クリスト伯(巌窟王)』『三銃士』『ブラジュロンヌ子爵(鉄仮面)』『ダルタニャン物語』『王妃マルゴ』『王妃の首飾り』など。

「2016年 『ボルジア家』 で使われていた紹介文から引用しています。」

アレクサンドル・デュマの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×