デジタル社会のリテラシー―「学びのコミュニティ」をデザインする

著者 :
  • 岩波書店
3.40
  • (2)
  • (4)
  • (14)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 56
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000240048

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 断念

  • 購入日:20110611

    著者(山内祐平氏)より,1000円で購入させていただいた。
    学生にとってはありがたい。

    感想はあとで。

  • 2011 4/21パワー・ブラウジング。筑波大学図書館情報学図書館で借りた。
    ラーニングコモンズ関連でお世話になっている東大・山内先生の本。
    「百家争鳴」状態の~リテラシー(情報リテラシー、メディアリテラシー、技術リテラシー)についての整理・再検討と、それをどう学び/教えるかについて。
    今後そういう科目に関わる身として読んでみようと思い手にとった。

    ・デジタル社会の7つのリテラシー(p.135-)
     1) 道具と記号を操作する
     2) 批評的に読み解く
     3) 創造的に表現する
     4) 多様な記号体系を習得する
     5) メディアと技術の役割を理解する
     6) 社会・経済・文化的行状況を理解する
     7) 学びに必要な情報を探し出す

  • デジタル社会のリテラシーは、デジタル社会で新しいコミュニケーションを生み出していく為に学んでいくものであるという考え方。 デジタル社会における教科毎に学ぶべきリテラシーも書かれている。 デジタル社会でのリテラシーとして学ぶべき7つの目標について述べており、教科「情報」の年間計画を立てる前に読んでおくと参考になる。 

  • デジタル社会のリテラシーとは。一般的な「リテラシー」の歴史的背景について触れられており、リテラシーばやりの昨今、この部分は知識として役に立つのでは。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

2015年12月現在東京大学大学院情報学環

「2016年 『インフォーマル学習』 で使われていた紹介文から引用しています。」

山内祐平の作品

ツイートする