寺子屋グローバリゼーション―The Kumon Way

  • 31人登録
  • 3.53評価
    • (3)
    • (3)
    • (8)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 木下玲子
  • 岩波書店 (2006年7月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (245ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000240192

寺子屋グローバリゼーション―The Kumon Wayの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 公文教育をいにしえの寺子屋教育になぞらえ、その世界的展開を解説。各国における公文教育の方法論の幾ばくかの違いはあるようだが、基本コンセプトは同じのようである。まぁ、算数は計算練習所なのだから、コンセプトを変える必要はないのだろう。母国語(ないし英語)については、漢字習得を必要とする国とそうでない国とでは違いがあるのだろうが、途上国であれば、実際には、どのような方法論でも識字率向上に寄与し、有害・無益ではないはずだろう。

  • 以前も読んだ本。
    公文主催の木下 玲子さん講演会にさんかして、再度読みました。
    公文て、凄い!

  •  公文式教育法に関する各国での著者の取材に基づく観察の記録だが,フランチャイズの方法といったビジネスモデルというよりは,進度に応じた教材,反復,指導者の重要性といった公文教育理論の哲学がメイン。公文式ビジネスではなく,公文式教育法とは何かを知るには有用であり,また,各国の教育事情について垣間見るという意味でも有用。

全3件中 1 - 3件を表示

木下玲子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
野中 郁次郎
ヘルマン ヘッセ
村上 春樹
村上 春樹
フランツ・カフカ
有効な右矢印 無効な右矢印

寺子屋グローバリゼーション―The Kumon Wayはこんな本です

ツイートする