デジタル社会の日本語作法

  • 岩波書店
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 11
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (203ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000240239

作品紹介・あらすじ

電子メールに時候の挨拶や拝啓・敬具を書いたら変か?メールの返事はどれくらい直ぐに返さないといけないのか?ネット会議で、顔を合わせたことのない人たちと、誤解のないようにやりとりするための留意点は?…ビジネスで、日常で、ケータイやメールが当たり前のコミュニケーション・ツールになった現代。自分で気づかないうちに、相手に不快感や誤解を与えないためにはどうするか。デジタル社会の「ことばの作法」を、言語学者が、基本原理からていねいに説き起こして指南する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • なかなか難しいけど、結構細かく正確に分析しているかも。

    2回目
    10年経っても普遍的に使える内容

  • 0412101016

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

東京外国語大学名誉教授・明海大学名誉教授

「2016年 『はじめて学ぶ方言学』 で使われていた紹介文から引用しています。」

井上史雄の作品

デジタル社会の日本語作法を本棚に登録しているひと

ツイートする