タルムードの中のイエス

制作 : 上村 静  三浦 望 
  • 岩波書店 (2010年11月17日発売)
3.50
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :12
  • レビュー :1
  • Amazon.co.jp ・本 (270ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000240291

タルムードの中のイエスの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ペーター・シェーファー著"Jesus in the Talmud"(2007)の翻訳。ユダヤ教(特にラビ・ユダヤ教)の聖典タルムードにおけるイエス・キリストについての記述を集成・分析し、それらがどのような意義を有しているのか考察した書。資料の丹念な校正・翻訳を通して、著者はタルムード中の歪曲・転倒されたイエスの姿がキリスト教に対するユダヤ教の「対抗神話」であることを解き明かす。
    タルムードにおけるイエスの姿は、(断片的かつ挿話的な記述を纏めると)情婦(娼婦)とその異邦人の愛人との間に生まれた非嫡出児で、異端を開き、偶像崇拝と魔術の罪で石打ち刑に処され、地獄で永遠に苦しんでいるという、新約聖書でのイエスと全く異なるものである。著者はこうした記述を歴史性の観点(史的イエスに関連するかどうか)からではなく、受容史の観点(タルムードが新約聖書やキリスト教にどう応答したか)から分析を行い、タルムード中のイエス記述がキリスト教(新約聖書)の救世主イエスのアンチテーゼであるとしている。即ち、イエスはダビデの血族たるメシアなどではなく、処刑されて然るべき異端者であり、その信者共々復活など望めないという対抗神話がそこには記されているのである。
    宗教間闘争とそこにおける異宗教の記述という興味深いテーマを扱っている本書は、タルムードの断片的な記事の背後にある「キリスト教徒論駁」の主題を明確に解き明かしており、またその背景についても考察している。古代末期の宗教間闘争の様相を知ることが出来る一冊と言えるだろう。

全1件中 1 - 1件を表示

タルムードの中のイエスはこんな本です

タルムードの中のイエスを本棚に登録しているひと

ツイートする