同盟漂流

著者 :
  • 岩波書店
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 39
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (521ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000241052

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 【由来】
    ・折田さん ただし編集者のあとがき
    ついでに文春で地政学な連載に気付いた直後でもあったので

    【期待したもの】


    【要約】


    【ノート】

  • 1997年刊行。◆朝日新聞社記者(アメリカ総局長・北京特派員等の経歴あり)たる著者が、1994~1997年頃の日米同盟関係・外交関係について、関係諸国の状況を勘案しつつ叙述したもの。◆普天間基地移転問題の淵源がこの時代にあると見て、本書を読んだが、同基地移転は、多年にわたる日米間の交渉、沖縄県との折衝を経て進められてきたことが読み取れ、軽々に県外移転を論じれないことがわかる。さらには、中国の超大国化の進展の中で、日本の立ち位置、日米関係の有様についても、考えさせられる書である。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

船橋 洋一(フナバシ ヨウイチ)
一般財団法人 日本再建イニシアティブ理事長
一般財団法人日本再建イニシアティブ理事長、元朝日新聞社主筆
1944年北京生まれ。東京大学教養学部卒業。1968年朝日新聞社入社。北京特派員、ワシントン特派員、アメリカ総局長、コラムニストを経て、2007~10年朝日新聞社主筆。2011年9月に独立系シンクタンク「日本再建イニシアティブ」を設立。


「2017年 『ガラパゴス・クール』 で使われていた紹介文から引用しています。」

船橋洋一の作品

ツイートする