「どんぐりの家」のデッサン―漫画で障害者を描く

著者 :
  • 岩波書店
4.75
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 11
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000241090

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 聴覚障害者にかかわる漫画を描き続けた山本さんの目線からの障害者とのかかわりが書いてあります。何かで「遥かなる甲子園」という昔沖縄にあったろう学校が高野連に登録するまでの実話を描いた漫画家と知って、ちょっと興味を持ったので読んだのですが、ろう者への差別の歴史や全ろう連の活動などが、テキストなどよりわかりやすく、すっと頭に入ってきて、とてもよかったです。聴覚障害に興味のない人でも、ぜひ読んでみてほしいです。差別とは何か?障害者問題とは、差別する健常者や社会の問題だという山本さんの言葉が重かったです。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「差別する健常者や社会の問題」
      子どもが小さなうちから、世の中にはハンデを背負った人が居るコトを知って貰うには、どうするのが一番なんでしょう...
      「差別する健常者や社会の問題」
      子どもが小さなうちから、世の中にはハンデを背負った人が居るコトを知って貰うには、どうするのが一番なんでしょうね?
      2012/11/28
  • 726.1
    聴覚障害の歴史、重複障害、手話は悪か?…非常に興味深く読む

全2件中 1 - 2件を表示

山本おさむの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

「どんぐりの家」のデッサン―漫画で障害者を描くを本棚に登録しているひと

ツイートする