長崎 旧浦上天主堂 1945-58――失われた被爆遺産

  • 岩波書店
4.29
  • (3)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :28
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (108ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000241656

作品紹介・あらすじ

禁教下、密かに信仰を守り続けた潜伏キリシタンの里、浦上。幕末・明治の大弾圧を生き残った信徒は東洋一の聖堂を築くが、やがて原爆という未曾有の破局が降りかかった。幾度もの受難に重ねられて「浦上五番崩れ」と呼ばれた破壊の爪痕を、原爆後の13年間、廃墟の姿で語った「幻の証言者」が、未公開写真によってよみがえる。英文対訳付き。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 現在は見ることも出来なくなった天主堂の原爆で破壊された姿である。これを壊して新しい天主堂を建てたことは、バーミヤンの遺跡を破壊したタリバーンと同じ事をやってしまったということが誰にでも類推されるであろう。

  • 高校時代の修学旅行は長崎だった。懐かしいな。
    被ばくして崩壊した浦上天主堂を解体して、修復していく。
    歴史遺産を大切にしたいものだ。

  • 20100509朝日新聞書評

全3件中 1 - 3件を表示

高原至の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
石井光太
國分 功一郎
J‐P・サルトル
大前 研一
佐々木 圭一
有効な右矢印 無効な右矢印

長崎 旧浦上天主堂 1945-58――失われた被爆遺産はこんな本です

ツイートする