日本の環境思想の基層――人文知からの問い

著者 :
制作 : 秋道 智彌 
  • 岩波書店
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 7
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000242905

作品紹介・あらすじ

人間は自分の生きる環境をどのように認識してきたのか。それを問うときに、その土地にそれまでのいとなみで関係が築かれてきた歴史的な基層があることを忘れてはならない。日本の環境思想の系譜をたどり、新しい時代の環境思想を再検討するため、異分野を超えて協働する人文知からの問い直しを試みる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • まだ途中なんですが、様々な切り口からむかしの人々が、自然とどう向き合ってきたかを知ることができます。じっくり読むと時間がかかりそう。身近なことのようで、明治以降、特に戦後に生まれ、高度経済成長以降に生まれた人には、知らないことばかりなので、これからの行く末を考える人は目を通されたい。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

山梨県立富士山世界遺産センター所長
専門分野:生態人類学
主な著作:『魚と人の文明論』、『越境するコモンズ』(単著、臨川書店)、『サンゴ礁に生きる海人』(単著、穃樹書林)、『漁撈の民族誌』(単著、昭和堂)、『コモンズの地球史』(単著、岩波書店)、『海に生きる』(単著、東京大学出版会)、『クジラは誰のものか』(単著、筑摩書房)

「2018年 『交錯する世界 自然と文化の脱構築』 で使われていた紹介文から引用しています。」

秋道智彌の作品

日本の環境思想の基層――人文知からの問いを本棚に登録しているひと

ツイートする