現地ルポ パレスチナの声、イスラエルの声―憎しみの“壁”は崩せるのか

著者 :
  • 岩波書店
4.17
  • (6)
  • (3)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 21
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (264ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000244237

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 1993年〜2003年の10年間に、イスラエル、パレスチナ側の要人、一般市民からのインタビューをまとめた本。
    読めば読むほど和平への道はあるのか、どこから手をつけていいのかわからなくなる。
    ただ、苦しくなる。

  • テロがなければパレスチナ人はイスラエルでも働くことができる。イスラエル人の主要な関心事は生命と金。イスラエルの子供は良い暮らしをしているのに、パレスチナの子供の生活はひどい。これは恨みになるだろう。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1953年佐賀県生まれ。映画『沈黙を破る』で「石橋湛山記念・早稲田ジャーナリズム大賞」「キネマ旬報文化映画部門 第1位」、『飯舘村──故郷を追われる村人たち』で「ゆふいん文化記録映画祭・松川賞」、『異国に生きる──日本の中のビルマ人』で「文化庁映画賞・文化記録映画優秀賞」などを受賞。主な著書に『アメリカのユダヤ人』、『沈黙を破る』(いずれも岩波書店)など。

「2017年 『〝記憶〟と生きる[DVD]ライブラリー版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

土井敏邦の作品

ツイートする