半透明の美学

著者 :
  • 岩波書店
4.13
  • (5)
  • (7)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 81
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000244619

作品紹介・あらすじ

なぜ「半透明」に注目するのか。そこからいかなる新しい世界が開示されるのか。しかし、そのどっちつかずの両義性にこそ、従来の芸術観を乗りこえる感性と思考の潜勢力が宿っているのだとしたら?アリストテレスをはじめ、聖書、ダンテ、メルロ=ポンティ、ドゥルーズ、ジャンケレヴィッチらの言葉と、リヒター、ドラクロワ、クレー、ベーコン、ジャコメッティ、モランディ、デュシャンなどの"灰色と埃の美術史"との交差点から、知られざる「半透明の美学」が姿を現わす。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • アリストテレスの「ディアファネス」の概念をヒントに美術史を読み解くもの。

    透明か不透明かという二元論的な思考様式で理解するのではなく、その中間のグレーゾーンを概念に内包してしまうことで、より広範で繊細な議論を可能にする美術史。

  • 透明/不透明で語られてきた西洋美術史を、その中間項的な言葉ー半透明ーによって脱構築を企てんとする試み。
    まあ、ベーコン論が展開されているということで、しかも岡田先生ということで、ほほぉ〜っと読み始めたはいいが、如何せん、美術史にかんしての議論/固有名を知らなすぎる。
    途中から完全に振り落とされた。もうちょい基礎教養を固めてから。

  • 透明でもなく、不透明でもなく、なぜ半透明なのだろうか。限りなくファジーでグレイゾーンに近いこの概念を、あえて持ちだすことによって、いったいこれまでとは違うどんな世界が見えてくるというのだろうか。あるいは、世界がどんな風に違った見え方をしてくるのだろうか。

  • TKC推薦

  • 美学の先生に勧められた本です。
    一度読んだだけでは、難しくて理解し切れませんでした。じっくり読まんといかんなぁ。
    灰色についての言及が特に興味深かった。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1954年広島県生まれ。1978年京都大学文学部卒業、1985年同大学大学院博士課程修了、岡山大学助教授を経て、現在京都大学大学院人間・環境学研究科教授。西洋美術史・思想史専攻。『モランディとその時代』で吉田秀和賞『フロイトのイタリア』で読売文学賞受賞。『処女懐胎』『マグダラのマリア』『キリストの身体』『アダムとイブ』『グランドツアー』『デスマスク』ほか著作多数。

「2018年 『映画と芸術と生と』 で使われていた紹介文から引用しています。」

岡田温司の作品

半透明の美学を本棚に登録しているひと

ツイートする