果てなき便り

著者 :
  • 岩波書店
4.20
  • (3)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 17
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000244800

作品紹介・あらすじ

「節子よ!」没後十年に明かされる、作家・吉村昭から愛する女性=妻への、妻から夫への手紙の束百余通。長い苦節の時代、家族と遠く離れ孤独に苛まれる取材の旅、そして、妻への最後の手紙となった遺書-。決心、希望、情熱、望郷、愛、いたわり等々の男の心、女の気持ちが装いなく吐露された言葉の数々。夫婦作家、慈しみの軌跡。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 津村節子さん(1928.6.5~)の「果てなき便り」、2016.6発行です。夫、吉村昭氏(1927.5.1~2006.7.31 享年79)没後10年、夫婦作家、吉村昭と北原節子、吉村昭と吉村節子の慈しみの軌跡、往復書簡をもとに、妻、津島節子さんが心の内を綴っておいでです。夫から妻への最後の手紙には、家訓と遺言が添えられていました。平成29年春、荒川区に開設予定の吉村昭記念文学館、南千住図書館の隣りとか、是非訪れたいと思います!

  • 夫婦が作家というのは素晴らしいし、夫婦愛にも感動。
    兄弟愛にも・・・。

  • 稚拙で下世話な言い方だけれども、
    「崇高で誇り高いけれど、人間の本質と飾り気のない潔さと少しの微笑ましさ」
    を感じさせられる(故)吉村昭さんと津村節子さんのお手紙のやりとりの記録。

    恥ずかしながら、吉村昭さんを知ったのは、
    東日本大震災後にご著書「三陸海岸大津波」が沢山の人に読まれているとニュースで流れてから。
    未読。

    今後、お二人のご著書を読む時には、書かれた当時を想像できるのだな。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1928年福井県生れ。学習院短期大学部卒。53年吉村昭と結婚。芥川賞、女流文学賞、芸術選奨文部大臣賞、川端康成文学賞、菊池寛賞を受賞。著書に『遍路みち』『紅梅』『夫婦の散歩道』『似ない者夫婦』等。

「2018年 『明日への一歩』 で使われていた紹介文から引用しています。」

津村節子の作品

ツイートする