批評メディア論――戦前期日本の論壇と文壇

著者 :
  • 岩波書店
3.63
  • (6)
  • (4)
  • (5)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 133
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (360ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000245227

作品紹介・あらすじ

「論壇」「文壇」とはなにか-。「批評」はいかにして可能か-。本書は日本の言論を支えてきたインフラやシステムの生成過程に立ちかえる試みである。論壇時評、文芸時評、座談会、人物批評、匿名批評など各種フォーマットの来歴の精緻な総括に批評再生のヒントを探る。膨大な資料群の博捜渉猟に裏づけられた圧倒的な文体が知の基本構造をえぐり出していく。論理と実証の融合による新しい思想のデザインへ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • -

  • 貸し出し状況等、詳細情報の確認は下記URLへ
    http://libsrv02.iamas.ac.jp/jhkweb_JPN/service/open_search_ex.asp?ISBN=9784000245227

  •  仕事の必要あって、「思想界注目の新進批評家」による力作を読む。とにかく読みづらい文章で、その点では辟易させられた。

     奇を衒った文体で〈新しさ〉を身にまとおうとしているが、内容的にはむしろオーソドックスな言説研究の成果である。その限りでは、1930年代前半の言論メディアにおいて《編集》という行為の価値とプレゼンスが高まっていたこと、その中で、度重なる引用と相互参照の中で実際には書かれていない言葉がまるで幽霊のように実定性を持ち始めてしまうプロセスの分析など、興味深い内容を含んでいる。
     しかし、少なくとも私には、本書の内容に既視感がつきまとう。著者の分析枠組みは、1990年代以降の日本語の近現代文学研究の達成を明らかに参照したものだ。また、1920年代後半~30年代前半にかけての文学言説の場を、メディア・ジャーナリズムとの拮抗競合関係として読み解こうとする仕事は、むしろこの時期にかかる検討の定石といってよい。にもかかわらず著者は、「大衆の消費を前提とした言論生産は知の枠組をも確実に変成させていくだろう(従来の文学史/文学研究的な視座に欠落していたのはこの枠組転換への目配りだ)」(83p)と断定してしまっている。いったいどうしてなのだろうか?

     似たような問題は、本書がどの時期を対象としたかについても言える。本書が論じた対象はほぼ1930年代初頭から半ばまでのだいたい5年間ほどに収まるが、言ってみれば筆者は、円本ブーム後の出版市場の混乱が一段落し、日中戦争の開始によって言論の場が大きく揺動する以前の、相対的安定期の言説しか取り上げていない。つまり、ゲームのルールがそれなりに安定的な場面でのことしか、本書は論じていないのだ。だから、本書が描き出す言説の場は、ひどくフラットで自閉的に見える。
     しかし、言説について考えるときに大事なことは、〈何が語られていないか〉である。そもそも語れないことがあり(検閲)、なぜか語られないことがある(政治的無意識)。そして、表出された言説を追いかけるだけでは、言説の場それ自体の膨張と収縮、偏りと傾向性を論じることができなくなる。言いかえれば、言説総体の運動と政治性とが見えにくくなってしまうのだ。
     
     だが、こうした点を問題と感じてしまうのは、わたしが本書をコンスタティヴに読みすぎているからかもしれない。じつは本書は、日本語の「批評」が、先行する知との切断を過剰なまでに演出しながら、ジャンルとしての「批評」が収まる言説の場それ自体の政治性やイデオロギー性を問題としてこなかった、という事態をパフォーマティヴに露呈させようとする、高度に戦略的なテクストであるかもしれないからだ。

  • 「批評」という言葉が、ニッポンにおいていかに特権的に取り扱われてきたか、戦後論壇文壇を知る人はよく御存知だと思います。膨大な資料の深海へ潜行しながら、戦前期における「批評」生成現場を、所謂「大物」だけではなく「小物群像」までも、丹念に読み解いて当時のアリーナを再現させる手続きは誠に刺激的です。
    著者の「批評」を「再起動」させたい欲望は、かえってその意図を裏切って、その「カッコつき『批評』」という煩悩を成仏させるための念仏集にも読めます。
    またこちらは「批評」視点ではなく、「メディア論」ならびに「コンテンツ論」として、Web業界ならびにコンテンツビジネス方面の方々にも是非読んでいただきたいものです。裸のコンテンツに対して「権威」を発動させてきた戦前期論壇モデルは、今へのヒントが詰まっています。おススメです。

  • 現在の批評がどのような歴史的変遷をたどってきたのかということが理解できるとともに、遠い昔の話のようだけども、ネット社会の到来によって批評のあり方が変化していった様子にも十分応用できるというか、むしろ同じ道をたどっているかのような印象をもった。

  • ミッシェル・フーコーと柄谷行人とピケティを思い浮かべました。楽しみましたよ。

全7件中 1 - 7件を表示

プロフィール

1978年生まれ。批評家。近畿大学文芸学部准教授。専門はメディア論/思想史。博士(学術)。著書に『批評メディア論』、編著に『三木清教養論集』『三木清大学論集』『三木清文芸批評集』の三部作などがある。

大澤聡の作品

批評メディア論――戦前期日本の論壇と文壇を本棚に登録しているひと

ツイートする