秘密解除 ロッキード事件――田中角栄はなぜアメリカに嫌われたのか

著者 :
  • 岩波書店
3.43
  • (2)
  • (5)
  • (5)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 60
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000245265

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ロッキード事件発覚から40年が経過し、当時の日米公文書の秘密指定が続々と解除されつつある。
    この本は、米国の国立公文書館や各大統領図書館などで発掘された新たな文書をもとに新たな視点、すなわち、徹底的に米国側の視点に立って、田中角栄ら日本の政治家やロッキード事件を分析したものである。
    特に、キッシンジャーが考える、アメリカの世界戦略、アメリカの国益というもの。
    また、ニクソンと地元ロッキード社との関係。
    そして、日本の戦後政治、吉田、池田、佐藤、田中、三木という流れ。
    結局、庶民が購買する小ロットで多品種な商品ではなく、航空機、就中、戦闘機という市場性のない物品を巡る売買契約。
    国益、戦争、秘密外交、情報公開のない世界でどうしても生じてしまう案件だろう。
    最後、そんな中、アメリカ側から、賄賂性を暴かれるのではという疑心暗鬼、そして、それに関する情報をマスゴミ市場で商品として高く売ろうとする業界に翻弄された日本の政治屋さんたち。
    まぁ、とにかく、いずれの業界の人間も、拠って立つ所を美しく保つため、最低限の矜持だけは、保持していきたいものです(笑)。

  • 著者は朝日新聞の編集委員。

    こういう政府関連文書は時間が経つと徐々に機密が解かれ、過去の謎が明らかになっていく。(十年単位ではあるが)
    本来なら本書のような本は国際政治学者が嬉々として出すべきものだろう。

    田中元首相を含め、米国の虎の尾を踏んだ政治家は政治生命を絶たれる、というのは神話だというのが著者の見立てだ。

    一方でCIAから(反共)政治資金を受け取った政治家は米国に弱みを握られることになり、自ら米国の意向に沿おうとする可能性があるとの著者の推測も説得力がある。

    陰謀説は一見わかりやすいが、本書の随所に出て来る会談録を見れば、情勢や思惑に従い、その場その場で丁々発止の真剣勝負をしていることがわかる。

  • 田中はその政策によってキッシンジャーらの反感を買ったのではなく、その人となりを理由に、米政府内部の会議で、悪しざまに避難され、軽蔑された。キッシンジャーが我慢がならなかったのは、政治的に微妙な問題も含め、あること、ないことを織り交ぜて田中が報道機関に情報を流すことだった。「独自の資源取得外交」を理由に田中や日本政府が米政府にてきしされたり、やり玉に上げたりしたことを文書は、もしそれがあるのだとすれば秘密指定をとっくに解除されているはずであるが、私のリサーチでは米国立公文書館にも大統領図書館にも見当たらない。

    まず言えるのはリチャード・ニクソンが大統領だったから田中が逮捕されることになったということだ。

    秘密指定を解除された文書 キッシンジャーがもっとも痛烈な皮肉の言葉を浴びせていたのは田中とチャーチ小委員会スタッフのレビンソン

  • タイトルと内容が 必ずしも一致しないが、面白かった。

  • 長年、誤魔化されていた所が、わかった。

全6件中 1 - 6件を表示

奥山俊宏の作品

ツイートする