故郷へ帰る道

著者 : 安野光雅
  • 岩波書店 (2000年5月18日発売)
3.67
  • (1)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :11
  • レビュー :1
  • Amazon.co.jp ・本 (212ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000246040

故郷へ帰る道の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 素朴な文章に人となりが偲ばれるようなエッセイ。故郷の思い出・友人・家族のことを赤裸々に綴っている。日頃から自然体で生きている方なのだろう。読書について「本を読む習慣さえつけておけば、後はなんとかなる」、なかなか習慣化しない自分には身につまされる言葉。帯状疱疹で入院している時に読んでいたのだけど、偶然にも安野氏が帯状疱疹になり痛みに苦しむエピソードが出てきてビックリ。同病相憐む(苦笑)。安野氏は、先に罹患した数学者の森毅が痛みを訴えていた気持ちが自分が罹患してやっとわかったと書いている。また小松左京は帯状疱疹で16kg痩せたそうな。安野氏にとって帯状疱疹の痛みに苦しんだ経験は相当強烈な印象を与えたようで、「痛みが人にはわからないこと、それは体の痛みだけでなく差別などの心の中の痛みも他人にはわからないものだといったことを「悟った」と書いている。

全1件中 1 - 1件を表示

安野光雅の作品

故郷へ帰る道を本棚に登録しているひと

ツイートする