フセイン・イラク政権の支配構造

著者 :
  • 岩波書店
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (342ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000246170

作品紹介・あらすじ

イラク政治研究をリードする著者による、これまでのフセイン政権研究の決定版となる書。「フセイン大統領による個人支配」という側面のみに目を奪われることなく、与党バアス党による党支配の実態も視野に入れ、閣僚や国民議会議員などの政治エリート集団がどのように構成されてきたかを詳細に分析する。さらにバアス党の経済政策や、政権が「イラク・ナショナリズム」を大衆に植え付け、どのような論理で国民統合を行なおうとしているのかなど、最新の情報を盛り込み、さまざまな角度からフセイン体制を支えているシステムを解明する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2003年刊(アジア経済研究所主任研究員)。1968年に成立したイラク・バアス党政権の下、イラ・イラ戦争、湾岸戦争、イラク戦争が遂行されたが、本書は同党の政策推移、フセイン大統領の権力の実態・基盤、少数民族や他宗派への政策などを学術的に論じる。著者は、閣僚の出身母体、出身地等を丁寧に追いかけ、フセイン政権がただの強圧的な独裁支配者でないこと、ミクロの観点では、時期により懐柔政策を採る等、複雑な経緯のあることを示す。イラクの細々した人名・地名・県名等は些か閉口したが、著者の責任でないのはいうまでもない。
    ただし、軍・秘密警察など、バアス党政権の裏面は踏み込みが足りていないような気がする。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1959年生まれ。東京大学教養学部教養学科(国際関係論)卒業後、アジア経済研究所に勤務。24年間の同研究所在任中に、英国ダーラム大学(中東イスラーム研究センター)で修士号取得。1986~89年、在イラク日本大使館に専門調査員として出向。東京外国語大学大学院総合国際学研究院教授を経て、現在、千葉大学法政経学部教授兼同大学グローバル関係融合研究センター長。専攻はイラク政治史、現代中東政治。おもな著書に『イラクとアメリカ』(岩波新書、アジア・太平洋賞大賞受賞)、『イラク 戦争と占領』『イラクは食べる』(岩波新書)、『中東から世界が見える イラク戦争から「アラブの春」へ』(岩波ジュニア新書)、『<中東>の考え方』(講談社現代新書)、『移ろう中東、変わる日本 2012-2015』(みすず書房)、『中東政治学』(編著、有斐閣)など。

「2018年 『9.11後の現代史』 で使われていた紹介文から引用しています。」

酒井啓子の作品

フセイン・イラク政権の支配構造を本棚に登録しているひと

ツイートする