豚を盗む

著者 :
  • 岩波書店
3.39
  • (2)
  • (5)
  • (10)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 44
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (292ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000246262

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2013年1月24日(木)、読了。

  • 6年ほど前に図書館で「ありのすさび」を借りて余りに面白かった
    ので改めて単行本を買った程、佐藤さんの随筆のファンである。
    象を洗うですこしアレっと思ったのだが、この豚を盗むは
    とても面白かった。特に姪っ子に文章の書き方を指南する章は
    や大学生の時に作家に書いたファンレターの話もとても好きだ。
    時間軸が前後してアチコチさ迷うのに戸惑ったが
    佐藤さんの文章の日常の秒針を感じる文章は読んでいてとても
    楽しい。
    次は小説の「Y」を是非読もうと思う。

  • 「象を洗う」より面白く読んだ。

    短編小説が2つ入っているが、
    そのうちの「十七歳」をとても良いと思った。
    読み終えた後にしんじり考えてしまった。

    オススメの本をいくつか紹介してあるが、
    どれも読んでみたくなる。

  • 何故買ったのか

    それは、豚が好きだから

  • 「あり・・」「象・・」ときて今回「豚・・」である。そういえば昔「・・犬・・」というのもあったなあ。エッセイには動物を使うと決めているのか?? 相変わらず淡々とした日常である。 6/2

  • 超いいよ。とにかく読んでみて。

  • もうちょっと小説をいっぱい出してくれると、もっとうれしい

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

1955年長崎県佐世保市生まれ。『永遠の1/2』ですばる文学賞、『鳩の撃退法』で山田風太郎賞受賞。おもな著作に『リボルバー』『Y』『ジャンプ』など。

「2016年 『まるまる、フルーツ おいしい文藝』 で使われていた紹介文から引用しています。」

豚を盗むのその他の作品

豚を盗む (光文社文庫) Kindle版 豚を盗む (光文社文庫) 佐藤正午
豚を盗む (光文社文庫) 文庫 豚を盗む (光文社文庫) 佐藤正午

佐藤正午の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする