ベンヤミン「言語一般および人間の言語について」を読む―言葉と語りえぬもの

著者 :
  • 岩波書店
5.00
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 35
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (278ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000247108

作品紹介・あらすじ

世紀を超えて私たちを魅了しつづける思想家、ヴァルター・ベンヤミン。たんなる言語論にとどまらない、認識論、芸術論などが複雑に織り込まれ、彼の世界像が集約的に表現されている最初期の論考「言語一般および人間の言語について」を詳細に読み解き、その思想的基盤に迫る。著者自身による全訳を併せて収録。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • タイトル通りの内容である。ひたすらベンヤミンの論考を精読している。著者の考察および解説は非常にわかりやすく、ベンヤミンのこの論考および、さらには彼の他の論にある思想をも知ることができる。ただし、わかりやすいとは言っても、ベンヤミンの原著に比して、である。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1962年、丹波篠山市生まれ。京都大学教授。2014年より大阪文学学校校長。
詩集:『沈むプール』『バイエルの博物誌』『言葉の岸』『ホッチキス』『家族の午後』
   『闇風呂』
主な詩評論書:『アイデンティティ/他者性』『言葉と記憶』『永山則夫』『ディアポラ を生きる詩人 金時鐘』『石原吉郎』『「投壜通信」の詩人たち』ほか。

「2020年 『ほとぼりが冷めるまで』 で使われていた紹介文から引用しています。」

細見和之の作品

ツイートする
×