牧夫の誕生――羊・山羊の家畜化の開始とその展開

著者 :
  • 岩波書店
2.50
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 15
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000247740

作品紹介・あらすじ

家畜の誕生は紀元前七〇〇〇年ごろの西アジア、羊・山羊が最も早いとされる。では、いかにして家畜化は始まり、その管理技法は展開したのか-。著者は、永年にわたり西アジア・地中海地方を訪れ、牧畜の現場をつぶさに観察、その知見に基づき家畜化の過程を鮮やかに再構成する。本書は、著者の家畜化論の集大成である。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 谷泰さんの新刊?本。読みたい。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1934年福岡県生まれ。京都大学名誉教授。『牧夫フランチェスコの一日』(1976年刊、エッセイスト賞)以来、日本では珍しい牧畜文化の研究の第一人者。その成果は、『神・人・家畜』に結実している。『文化を読む』人文書院(1991)以来、会話分析による認知科学的アプローチで新たな人類学を展開。

「2004年 『笑いの本地、笑いの本願』 で使われていた紹介文から引用しています。」

谷泰の作品

ツイートする