僕は沖縄を取り戻したい 異色の外交官・千葉一夫

著者 :
  • 岩波書店
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 16
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000247979

作品紹介・あらすじ

「千葉がいなければ、沖縄は今のような姿で日本に返還されていなかったかもしれない」自らの戦争体験から沖縄返還に情熱を捧げることを決意した異色の外交官・千葉一夫は、基地負担の削減を訴える沖縄の人びとの切実な思いと、アメリカの外交政策のリアリズムとの狭間で、何を思い、どう交渉したのか。知られざる黒衣の人物に光をあてることで、戦後日本政治史の舞台裏を明らかにし、私たちに刻印された「戦後」という時代を捉え直す。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 仏壇を運んだ嫁の体力…

  • 本土の捨て石とされ、沖縄戦では一般市民にも多くの犠牲を出し、
    戦後はアメリカの施政下に置かれた沖縄県。

    アメリカとの沖縄返還交渉に関しては時の総理大臣・佐藤栄作の
    密使と呼ばれた若泉敬氏が話題になりがちだが、アメリカとの
    交渉の実務面で中心的な役割を果たした外交官がいたことを、
    本書で知った。

    千葉一夫。返還交渉が続けられた時代の、外務省北米一課長だ。
    戦中派として軍隊経験があり、呉から広島に落とされた原爆を
    見た等の戦争体験が、千葉に熱烈な沖縄への思いを抱かせた
    要因ではないかと著者は推測している。

    何度も沖縄に足を運び、革新系であった屋良朝苗琉球政府主席と
    意見を交換し、「核抜き・本土並み」での祖国復帰の為に奔走
    した様子が詳細に描かれている。

    千葉ひとりではない。外務省入省の同期生、千葉の部下、彼を取り
    巻く人々が、沖縄県の「祖国復帰」に向けて、端から返還する気の
    なかったアメリカ側と粘り強い駆け引きを行っている。

    だが…と思う。本当に「核抜き・本土並み」の復帰と言えるのだ
    ろうか。

    「沖縄は変わった、しかし、沖縄は変わらない」。晩年の千葉が、
    かつての部下に言った言葉だ。

    そう、アメリカの施政下から日本に復帰したとは言え、アメリカ軍
    基地の多くは未だ沖縄にあり、米兵による犯罪は後を絶たず、日本
    政府は復興予算をちらつかせ沖縄を犠牲にし続けてやしないだろうか。

    今も続く沖縄問題を考える一助にもなる作品である。

  • 困難に立ち向かう勇気をもらった本

  • 東2法経図・開架 289.1A/C42m//K

全4件中 1 - 4件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
北野 武
井戸 まさえ
ジェイン メイヤ...
ワシントン・ポス...
塩田 武士
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする