マルコ・ポーロ 東方見聞録

制作 : 月村 辰雄  久保田 勝一 
  • 岩波書店 (2012年5月17日発売)
3.13
  • (0)
  • (2)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :28
  • レビュー :7
  • Amazon.co.jp ・本 (314ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000248150

作品紹介

成立当初の形に近いと目される中世フランス語写本fr.2810から直接翻訳。アジアの驚異に対するヨーロッパの読者の驚きが700年の時を経て、いま甦る。

マルコ・ポーロ 東方見聞録の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ようやく全編完読。マルコ・ポーロが直接書いたものではないことは知ってはいたが、旅行記ではなくその土地土地の生活の様子、チンギス・ハーンの戦争の記録が主であり、それが逆に当時の人々の様子を克明に記していることなのだろうと思った。それにしてもラストの唐突さにはびっくり。

  • 原典にちかい中世フランス語からの訳である。ベネチア商人の子供だったマルコが中央アジアをとおり、北京(カンバルク)にいき、各地の様子を記した書物である。ロシアやアニアン海峡については書いてない。東南アジアやインドについては少し記述がある。紙幣などの記述のほかに、モンゴルが行った戦争、プレステ・ジョンの伝説(ジンギス・カーンが戦った相手)なども記述がある。チベットなど奇異な民俗も記されているが、基本的に旅行の順にしるされているわけではない。最後もモンゴルの戦争で中途でおわっている感じである。

  • マルコ・ポーロ(月村辰雄ほか訳)「東方見聞録」を読む。
      高校歴史のお勉強として知っていたくらい(ジパングが黄金の国うんぬん)で、詳しいことはまったく知らなかったこの本、もちろん、全文を読むのは今回が初めてだ。さぞかし冒険に富んだワクワクする話かと思いきや、マルコ・ポーロが訪れた数多くの地域のことを同じ調子で長々と・・・、ちとうんざりというところか。この書はマルコ・ポーロ自身が書いたのではなく、イタリアに帰国後、ジェノバの牢獄(!)で一緒だったルスティケッロという著述家に語り聞かせて書かせたもの。だから文章も回りくどいし、ルスティケッロのコメントらしい部分もあったりして、その点ではユニークな文章なのかも知れない。
      1271年、17歳で父と叔父とともにヴェネチアを離れ、足かけ26年の間、モンゴル帝国領内外の地を旅して回ったと云う、壮大な旅の記録と云ってよい。北京のモンゴル帝国(元)の大ハーン、クビライの絶大な信頼を受け、その命を受けての旅だが、まさに東方見聞録にふさわしい。文中の地名が必ずしも定かではないが、訪れたのは、中国全土は勿論、インドシナ全域、ジャワ、セイロン、インド、パキスタン、アフガニスタン、イラン、イラク、イエメン、マダガスカル、エチオピア・・・と驚くほどの行程。そこで訪ねた一つ一つの町のことをこと細かく、しかし同じような切り口から同じ内容を繰り返しているわけだが、中には魔術師が妖術を使うとか、一角獣やビヤ樽ほどの太さの蛇がいたとか、マヤカシの部分も混ざっている。一方でモンゴルの制度、例えば大ハーンが保証する紙幣が広い範囲で流通していたとか、街道と駅伝の充実した有様など、なかなかに興味深い話も覗える。モンゴルが栄えた13世紀後半のアジアの様子が手に取るように判るとも云え、だからこそ当時のヨーロッパの人たちの関心を呼び、様々な写本が出回ったということのようだ。
      さて、ジパングのくだりはどうなっているのか・・・。当然に一番興味深いところだったが、日本では金が溢れている、君主の宮殿はすべて黄金で覆われているとの記述が確かに存在・・・。但し、実際にはマルコ・ポーロは日本に来たわけではなく、ここは聞いた話を膨らませたということらしい。この「黄金の国ジパング」の話が、コロンブスを始めとして人々を冒険に駆り立てたわけで、大きな刺激を与えたということだ。さらには日本で云う「元寇」についての言及もあるが、一旦モンゴル軍が日本に上陸し占領したとあるのはどういうことだろう。もっとも例の神風が吹いて結局、クビライは日本侵略を断念したとはあるのだが・・・。
      要は、この「東方見聞録」、実際にマルコ・ポーロが実際に見たことだけでなく、噂として聞いたことや憶測も織り交ぜて書かれた本と云えそうだ。牢獄の中で面白可笑しくルスティケッロに語ったことが原因のようだが、この本が世界史上に与えた影響を思うと、何だか罪作りな仕業とも思えて来るのだが・・・。

  • 《教員オススメ本》
    通常の配架場所: 3階開架
    請求記号: 292.09//P77

    【選書理由・おすすめコメント】
    有名な書物を実際に読むことは案外ないと思いますが、読んでみると、たくさんの面白い発見があります。日本には来たことがなかったけれど、日本を”ジパング”として紹介している箇所、また、たくさんの中国の地名が出てきて、現在の姿と比べるのも面白いです。食習慣、偶像崇拝の有無に関心が深かったことも読み取れます。
    (経営学部 持丸邦子先生)

  • 言わずと知れた、13世紀ヴェネツィアの大旅行家、マルコ・ポーロがアジアへの旅を語った『東方見聞録』。
    その原本に最も近いとされる中世フランス語写本の日本語訳です。
    マルコ・ポーロの父ニコロと叔父マフェオがコンスタンチノープルを出立して元(中国)に到達し、またヴェネツィアへ帰ってきて息子マルコを連れ、また東方へ旅立つ。
    中央アジアを経て中国に到達し、やがて東南アジア、インド、アフリカを経て帰国する旅程と、各地で見聞きした事柄を叙述しています。
    叙述は、基本的な事柄(言語・宗教・主食など)については簡単に済ましているので、同じ表現が繰り返し使用されています。
    仏教を「偶像崇拝」と呼び、イスラム教徒に対しては侮蔑的な表現も。
    ただし、明らかに荒唐無稽な話もあるため、もし本当にマルコ・ポーロ自身が語った通り書物になっているとすれば、"イル・ミリオーネ(Il Milione、百万の嘘)"と呼ばれたのも仕方ないかな(^O^;

    挿絵が豊富ですが、アジアが舞台なのに西洋風に描かれているのも面白いですw
    中国にライオンがいる?虎のことでしょうか?
    「黄金の国・ジパング」については、意外なほど短い記述で済んでいました。
    巻末の訳者あどがきは、中世写本学やマルコ・ポーロ研究について、特にテクストの種類とそれらの意図について学べるので、一読の価値があります。

    ニン、トン♪

  •  誰もが一度は耳にしたことがあるであろう『東方見聞録』。しかし実際に読んでみようとした人は少ないのでは。
     この本は短い文ごとに話の区切りがついており、時間がなくても読みやすいです。この機会にマルコ・ポーロが見た世界を味わってみませんか。
    (匿名希望 教育学部 国語専修)

全7件中 1 - 7件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
トマ・ピケティ
三島 由紀夫
マックス ウェー...
ヴィクトール・E...
マージョリー シ...
佐々木 圭一
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする