マグノリアの眠り

制作 : 松永 美穂 
  • 岩波書店
3.33
  • (0)
  • (2)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 18
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000248174

作品紹介・あらすじ

高齢のヴィルヘルミーネを介護するために、ロシアからドイツにやってきた二十三歳のイェリザヴェータ。二人の人生には、第二次世界大戦の「爪痕」が生々しく遺されていた。ある日、一本の電話をきっかけに、その戦争の記憶がうごめきだす-。過去と現在を往還する、息詰まる心理劇。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • こんな話が実話としてたくさん存在するんだろうか。たまらん。つらすぎる。

  • ドイツ女性の恐れたロシア兵とロシア女性が恐れたドイツ兵、どっちがより悪いとか酷いとか残虐とかって話じゃない。戦争の傷跡を老婆になるまで引き摺り続ける女性は決して少なくないに違いない。
    ときに、作者のデビュー作、モーツァルトのタイムトリップ物って、日本でウケると思う。翻訳希望‼︎

  • 2003年という時間を共有する、90歳のヴィルヘルミーネと23歳のエヴァ。2人の関係は良好に進んでいくかと思いきや、一つの電話わきっかけに崩れていく。
    2人の裏にあるものは第二次世界大戦。時代がそうだった、その時は仕方なかった、そうゆう形で割り切ろうとする反面、それを今も引きずらざるをえないヴィルヘルミーネ。そして、戦争に直接関係はしていないものの、同じく戦争によって作られた出生の秘密のあるエヴァ。
    どちらの気持ちも、仕方のない、同情の余地のあるところがつらかった。

  • ドイツの老婦人とロシアの若い女性が出会ったことからこじ開けられる過去。
    戦争の傷痕は、その世代だけでなく次の世代、更にその次の世代まで残る。
    シビアだけど丁寧な作品。

  • とても意味有り気なのが気になります。。。

    岩波書店のPR
    「高齢のヴィルヘルミーネを介護するために、ロシアからドイツにやってきたイェリザヴェータ。まったく接点のなかった二人であったが、ともに第二次大戦末期の独ソ戦がもたらした忌まわしい記憶を胸に秘めていた。そして、一本の電話をきっかけに、その記憶がうごめきだす――。ドイツの新進作家がすべての女たちに捧げる鎮魂歌。」
    『マグノリアの眠り』moreinfo
    http://www.iwanami.co.jp/moreinfo/0248170/top.html
    【翻訳机】松永美穂(早稲田大文学学術院教授)- MSN産経ニュース
    http://sankei.jp.msn.com/life/news/130707/bks13070712320000-n1.htm

全6件中 1 - 6件を表示
ツイートする