醜い花 新装版

著者 :
制作 : 奥山 民枝 
  • 岩波書店
4.26
  • (11)
  • (7)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 52
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (41ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000248563

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 醜い理由を大分捻くれた感じで考えていたけど結果自分がどんなに捻くれているかが身に染みた

  • 自分の在り方をかんがえさせられるお話。

    美しい絵と、「美しい」話の組み合わせも素晴らしいと感じました。

  • そう名付けられた花はみんなから忌み嫌われ何千年もの時生きる。
    自分の生きる意味と苦しみに堪えながら。

    やがて愚かな生き物がやって来て,
    殺そうとしたことで始めて醜い花は自分の存在の意味を知る。


    …なんだか差別社会を肯定してる様にも捉えられる話。

    デザイン画みたいに繊細な絵。

  • 原田さんといえば爆笑必至のエッセイが有名ですが、このテの大人向けの童話も軒並み素晴らしいのです。
    挿し絵も装丁も美しく、まさにスペシャルなかんじ。
    これは購入して手元に置いておきたいです。

  • この絵本によって,コンプレックスや地球環境,人間のエゴについて改めて考えました。誰もが,みんなから好かれたいと思ったことがあると思います。しかし,それは本当に幸せでしょうか?
    最後には,醜い花が咲いている理由に,どきっとします。

    【中央館3F-1 閲覧室 913.6/HA 】

  • 原田宗典が、娘のために書いたという、絵本。
    ちょっと難しい、どちらかといえば大人向けの絵本。
    ハードカバーの装飾が素敵で、見るだけでも芸術的な一冊です。

    内容は、心のあちこちをチクリチクリと刺すような、ほの暗い雰囲気の漂うものですが、そこから得るものはたくさんありました。

  • 学校の図書館でとてもどうしてか
    惹かれたので手にとった本。

    少し硬い文章の中に書かれた優しいけど
    どこか切ない物語。

    醜く優しい花のお話。
    醜いと思われていた花だけど実は
    誰よりも強く美しく、沢山の生を守っていた

    この本を読んでとても感動しました。
    心に深く深く残りました。

    是非手にとって読んで欲しいなと思います


    きっと人は表ばかりにとらわれ何かを見失う
    先入観ばかりでは、いけないんだ。

    人に嫌われても美しくいられるのと
    人に嫌われても誰かを愛せるのはどちらがいいだろうか


    とても考えさせられるお話。

全8件中 1 - 8件を表示

醜い花 新装版のその他の作品

醜い花 単行本 醜い花 原田宗典

原田宗典の作品

ツイートする