「方言コスプレ」の時代――ニセ関西弁から龍馬語まで

著者 :
  • 岩波書店
2.84
  • (1)
  • (3)
  • (14)
  • (5)
  • (2)
本棚登録 : 138
レビュー : 20
  • Amazon.co.jp ・本 (280ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000248709

作品紹介・あらすじ

関西人でもないのに「なんでやねん!」とつっこむ。九州人でもないのに「お引き受けしたでごわす」と男らしく受け止める-こんな方言コスプレが旬の話題となって久しい。方言の価値の変遷、小説・テレビドラマ・マンガなど創作物における方言イメージの蓄積と流通。気鋭の研究者が、意識調査とコンテンツ・メディア分析から、日本語社会のいまを読み解く意欲作。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 昔、方言は悪いもの、直さなければならないもの、とされていた時期が、確かにあった。
    TVタレントの話す東北弁はズーズー弁と言われ、手っ取り早いお笑いの対象になり、話すタレントにとっても、明らかにウケを狙ったものであった。
    意味がわからないと言われればそれは、馬鹿にされコミュニケーションを拒絶されることでもあった。

    私は東北の中規模の町で育ったが、親に「TVの言葉で話せ」と教育された。生粋の地元の友だちのように話すと叱られた。
    おかげで、方言はあまり身に付かず、親戚などに会った時に、回りに合わせて頑張って話す言葉、となってしまっている。

    これを読むと、それがちょうど、方言→共通語、標準語へ、という全国的な流れの中にあったのだな、ということがわかる。
    それにしても、方言的な言葉を悪い言葉、嫌な言葉としてカードに書かせ焚き上げる…なんて、まるで魔女狩りだなあ。でもそういったことや、それに近いことがあったのは、記憶としてというより、感覚的に覚えている。

    大学での方言の授業で、標準語で育った人たちの中から、「外国語のようだ」「(方言を)ちょっと話してみて」などの発言が出て、私は激怒した。
    意味がわからず外国語のように感じるのは、その人がその方言を話す人とコミュニケーションをとったことがない(足りない)のを露呈しているだけであって、方言が特殊な言葉なのではない。
    話し言葉は人との関係の中で成立するのであって、さあ、いまここで話せと、それだけを取り出せるような見せ物ではない。
    と、相容れなさと憤りを感じことを思い出した。

    そんな方言がいまや、「カッコいい」とか「面白い」とか「和ませる」とか、どちらかというとプラスのイメージになっているらしいけれど、本当にそうなのか?そんなにミーハーな話でいいんだろうか?
    根はもっと深いのではないだろうか。
    支配と被支配、差別と被差別まで続いている話ではないかと思うのに、軽々と乗り越えてヨカッタヨカッタ素晴らしい、と楽観的にとらえていいのか、それとも懐疑し続けるべきことなのか。
    迷いが残る。

  • 100殺!ビブリオバトル No.93 夜の部 第13ゲーム

  • かつて「恥ずかしいもの」とされていた方言やなまりだが、数年前の方言ブームなどを経て、そのイメージはがらりと変わった。京都弁は女らしい、などのキャラクター性を持つようになったが、中でも土佐弁は「龍馬語」とも呼ばれ、坂本龍馬を想起させるステレオタイプにまでなっている。従来とは異なる、方言の新たな力について考えさせられる。

  • 日本語社会が共有する方言ステレオタイプを踏まえたバーチャル方言が流行っている。方言札に代表される方言否定・方言撲滅の時代から,共通語の陳腐化=方言の復権,発話者のキャラ付けや心情の表現に用いられる地域と接点のない「偽方言」の普及といった歴史的経緯も踏まえて論じる。データや細かい分析が多くちょっと読みにくいのが難点。
    方言の栄枯盛衰,そして変容。この一連の課程にはもちろん様々なメディアや多くの作品がかかわってきたわけだが,司馬遼太郎『竜馬がゆく』の果たした役割はかなり大きい。あの小説・大河で土佐弁を喋る龍馬が確立し,『龍馬伝』ほか後続の作品でも踏襲され,一大キャラ方言「龍馬語」として日本人の間の共通理解になっている。真偽はともかく流布したもの勝ちという点も言語の本質をえぐり出していて,全体的には興味深い読書だった。

  • 勉強になりました。

  • 方言が果たす役割。
    個性、イメージ作り…。

    方言がもつイメージがその県民性を固定化し、固定化されたイメージがさらに方言がドラマ・漫画・映画などで使われることによって、より「キャラ方言」となっていく。

  • 感想未記入

  • 資料ID:21105422
    請求記号:818||T

  • 「方言コスプレ」。
    可愛いから使ってしまえ大阪弁京都弁青森弁広島弁土佐弁博多弁。
    でもそれって本当に可愛い「方言」なのか。そのイメージは何によってできたのか。
    金水の「役割語」とともに読みたい。

  • リアル方言、ヴァーチャル方言。
    方言の玩具化、キャラクターの着脱。
    そうだなと気づかされることが多かったです。
    調査結果が多目なので、読み物としては面白くないかも。

全20件中 1 - 10件を表示

田中ゆかりの作品

「方言コスプレ」の時代――ニセ関西弁から龍馬語までを本棚に登録しているひと

ツイートする