ユートピア政治の終焉――グローバル・デモクラシーという神話

制作 : 松野 弘  松野 弘 
  • 岩波書店 (2011年3月30日発売)
4.00
  • (2)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :28
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (360ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000254113

作品紹介・あらすじ

聖書に端を発する黙示録的神話は、啓蒙主義、フランス革命=ジャコバニズム、ロシア革命=共産主義、ナチズムを経て、今もなお、ネオコン(新保守主義派)や新自由主義派、また、イスラム過激派のなかに生き続けている。本書はまず、近代以降、黙示録的信念を持つユートピア主義と現実政治の関わりを分析する。次いで、近年のブッシュ・ブレア両政権によるイラク戦争、すなわち、武力でイラクに民主主義を伝道しようとして失敗した、その経緯を明らかにする。そして、ユートピア政治の終焉に代わる、現実主義政治の再興とその可能性を提示する。

ユートピア政治の終焉――グローバル・デモクラシーという神話の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • (原著は"Black Mass : Apocalyptic Religion and the Death pf Utopia"2008年)著者のジョン・グレイは、イギリスの政治哲学者であり、現在はロンドン・スクール・オブ・エコノミクスの名誉教授です。

    キリスト教の、「啓蒙思想」と「ユートピア思想」 と「黙示録的な終末思想」が、政治の場にて現れており、ジャコバン派・共産主義・ボルシェビキ・ナチスヒトラー・ブッシュJr.の新保守主義・イスラム原理主義もこの系譜なのだと、ジョン・グレイは主張します。
    非宗教的な「科学」や、宗教と決別した「哲学」のふりをした、中世キリスト教思想が、現代世界政治にも影響を及ぼしているという話です。


    【メモ 】

    ・共産主義(歴史的唯物論)もナチズム(科学的人種主義)も、普遍的な民主主義も、グローバルな自由市場という新保守主義も、ユートピアを信じる神話である。
    これらは、最古の時代にまで遡る黙示録的信念の最新バージョンである。

    ・終末信仰は、イエス以降のキリスト教に特徴的な信仰である。仏教・ヒンドゥー教・旧約聖書・イエス以前の西欧哲学にはない概念である。

    ・共産主義もナチズムも啓蒙イデオロギーを利用している。

    ・イスラム過激派も近代西欧哲学の産物である。

    ・啓蒙主義は、ソ連崩壊後、イギリスの新自由主義・アメリカの新保守主義としてむしろ力を強めている。
    ・ブレアとブッシュは、政治を神の使命という形で実践した。

    ・新保守主義は左翼を起源とするイデオロギーである。新保守主義は、キリスト教右派とともに、自由主義(リベラル)な意見の立場とも協力できる。

    ・イラクは、新しい世紀におけるはじめてのユートピア的な実験の場だった。

  • (後日追加)

全2件中 1 - 2件を表示

ジョン・グレイの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ミシェル・フーコ...
リチャード・セイ...
古賀 茂明
スティーヴン・D...
ロバート ライシ...
スティーブン・ピ...
ビジャイ・ゴビン...
スティーヴン・D...
有効な右矢印 無効な右矢印

ユートピア政治の終焉――グローバル・デモクラシーという神話はこんな本です

ツイートする