理性の探求

著者 :
  • 岩波書店
4.33
  • (2)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 31
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000255653

作品紹介・あらすじ

九・一一以後に、思想を語ることは無益か。わたしたちを取り巻いている、不可解にして理不尽な出来事。そこに露呈している「狂気」と「非合理」の諸相は、いかにして形成されたのか。何を起源とし、どのような系譜をたどって、「今日」はあるのか。言葉をもって、現代の世界と向かい合うための、ありうべき思考の筋道を求めて。生きるために考え、歩くために「なぜ」と問う。人として在ることの根拠への問いを、混沌とした思想の風景から収集する、反時代的目録。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 宇宙はビッグバン依頼膨張し続けていることになっている。星と星の間隔はしだいに広がっており、地球から観測すると遠くの星ほど早い速度で後退しているという。

  • 確か、一年くらい前に読んだので、うろ覚え。

    「理性の探究」と言ってもお堅い哲学書ではなくて、時事問題に触れ、そこで起きた状況などを丁寧に解説する形なので、何も知らずに読むと「そうだったのか」と頷かされることばかり。

  •  クロニクルふうに、その時々に向き合わされた主題ないし問題を扱いながらも、生きることに根ざしたもう一つの理性のありかを、反時代的に探求する著者の姿勢は一貫しているし、その思考の広がりとしなやかさには瞠目させられる。生きることのすべてを対象化し、利用可能にするとともに、交換的ないし情報的価値をもつもののみが意味を有する、一元的な光の世界の支配の暴力的な広がり──これが「進歩」と呼ばれてきたのだろう──に抗して、陰影を宿した生きることのなかに息づき、バタイユ的な「非‐知」の覚醒にもとづく理性へ向かう著者の探求、二読、三読しなければと思う。

  • 2010.5.17

    半分くらい分からなかったけど、面白かった。
    経済学を勉強してる身には、経済学に批判的なとことかは特に参考になった。

全4件中 1 - 4件を表示

プロフィール

1950年生まれ。東京外国語大学大学院教授を経て、現在、立教大学文学部特任教授。著書に『不死のワンダーランド』『戦争論』『夜の鼓動に触れる』『世界史の臨界』『「テロル」との戦争』などがある。

西谷修の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする