歴史を繰り返すな

  • 岩波書店
3.83
  • (1)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 28
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000256643

作品紹介・あらすじ

いま、日本は再び危険な道を歩んでいるのではないか。過去から教訓として何を引き出したらよいのか。歴史学者と政治学者が日本近代一五〇年を行き来しながら、憲法問題や対中外交から、安倍政権の危うさ、対抗勢力の弱さまで、現在の日本の危機的状況について縦横に語り合う。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 日本近代史の、これまでの見方を揺さぶってくれる坂野さんの発言の数々が刺激的。

  • 歴史学者と政治学者の真面目で真摯な対談本。
    護憲や平和を唱えるだけではなく、今必要なのは現実的な日中友好だと説く。
    日本はアメリカに負けたとは認識しているが、中国に負けたという事実を解っていないという指摘は辛辣でもある。
    近代史への無知を大いに反省し、そこから学ぶ必要がある。

  • 日本はアメリカに負けたという意識はあるが、アジアに進出して中国に負けたという意識はない。

    1960年に民社党が出来て、蝋山政道などの一休の知識人がその理論的な支柱になって日本敵な社会民主主義勢力を作ろうという動きがあったが、結局社民党は民間の大企業労組の利益を代表するマイナーな政党という存在にしかならなかった。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

一九三七年神奈川県生まれ。東京大学文学部卒業。同大学大学院人文科学研究科博士課程中退。東京大学社会科学研究所教授、千葉大学法経学部教授を経て、現在は東京大学名誉教授。専攻は日本近代政治史。主な著書に、『明治憲法体制の確立』『日本憲政史』(以上、東京大学出版会)、『帝国と立憲』(筑摩書房)、『昭和史の決定的瞬間』『未完の明治維新』『日本近代史』(以上、ちくま新書)、『近代日本の国家構想』(岩波現代文庫)、『〈階級〉の日本近代史』(講談社選書メチエ)、講談社現代新書に『明治維新1858-1881』(共著)、『西郷隆盛と明治維新』などがある。

「2018年 『近代日本の構造 同盟と格差』 で使われていた紹介文から引用しています。」

坂野潤治の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする