神をも騙す――中世・ルネサンスの笑いと嘲笑文学

著者 :
  • 岩波書店
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 16
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (328ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000258227

作品紹介・あらすじ

もっとも神聖なものを笑い、真実それ自体を笑わせる。中世末期からルネサンスへ、言語の壁を越えて根を張った、「笑い」の連鎖をたどる。ラブレー、ヴィヨン、ボッカッチョ、そして民衆本『トリスタン』と『ティル・オイレンシュピーゲル』-嘲笑・哄笑・艶笑は伝染する。そして、下ネタとくすぐりの波に乗れるのは、自己を笑える者のみなのだ。軽快な足取りで、まがまがしくも生気にあふれた物語の海を渡る。底のない笑いの渦に命がけで身を躍らせるメンタリティ。その裏側には、みずみずしい個我の意識が貼りついていた。規格外の「近代」を、笑いの古層から掘り起こす。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 言語ゲームを主題にした文学を扱った本。
    トリスタンとイゾルデ(色んな伝本の比較)
    カランドリーノ説話
    フランソワ ヴィヨンが書いた二通の恩赦嘆願状
    ティル オイレンシュピーゲル(色んな伝本の比較)

    中世では、書類を正当性を音声で担保する。音声にて署名する、という観念が普通だという話が興味深かかった

  •  「憂鬱質」を「笑い」によって治療することが、ルネサンス時代にあったということが興味深い。
     いつの時代にも、若者にはメランコリーがつきまとい、人々は言語によってそれを表現してきたことが分かる。
     神聖なものをかえって笑いにしてしまう試みは今の私たちにも面白く、前向きに生きる希望になる。
    (外国語学部/匿名希望)

全2件中 1 - 2件を表示

宮下志朗の作品

ツイートする