過去からの行進(下)

著者 :
  • 岩波書店
4.25
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 12
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (400ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000258357

作品紹介・あらすじ

かつての拷問官は、七年後、外交官として韓成三の前に現れた。東京のホテルの喫茶店で、怯えて前に座る韓成三に、その外交官は、在日の作家・金一潭の韓国訪問工作に協力するよう命じる。「お前は忠誠国民を誓ったはずだ」-。拷問に屈服して以降、魂の抜けたように生きてきた韓。恐怖と復讐への思いで街を彷徨う彼は、このとき、一つのことを決断する。名作『火山島』の作者が描く、人間「復活」の物語。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 正直なところ、このドロドロ感は、朝鮮人特有なものなのかなと思います。
    それだけの怨念を持つような歴史や事件が、あるんですね。
    その事件の中でも、中核をなしているのが済州島事件というものらしいです。
    この本を読むと、韓国の人たちも、同じ民族内の話であるにせよ、相当にひどいことをやっているようです。

    でも、我々日本人は中国の歴史に比べると、本当に朝鮮の歴史というものを知らないなあ、と感じさせられました。
    一番近い国なのに・・・

  • 北朝鮮系在日の高在洙と、作家の金一潭(キムイルタム)のからみもなんとなく明るい感じでおもしろい。そして、南山で拷問した尋問官が韓国領事として東京にやって来て韓成三に面会を求めてくる。このあたりも緊張感たっぷり。最後は「復讐」だ。
    今のチェジュドはリゾート島だが、昔ものすごい虐殺事件があったとは。Wikipediaで調べたところ、島民の5人に1人にあたる6万人が虐殺されたとのこと。東日本大震災どころではないわな。

全2件中 1 - 2件を表示

金石範の作品

ツイートする