検証 福島原発事故 官邸の一〇〇時間

  • 86人登録
  • 4.30評価
    • (8)
    • (10)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 13レビュー
著者 : 木村英昭
  • 岩波書店 (2012年8月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (340ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000258524

作品紹介

二〇一一年三月一一日午後二時四六分、東日本大震災発生-。この巨大地震・津波に続き、東京電力福島原子力発電所が軋みを上げた。そのとき国家権力の中枢では、驚くべき事態が進行していた。打つ手の先を走って悪化する事態に翻弄される官邸、しかし政治家を支えるはずの官僚組織は機能不全を起こしていた。言葉を失う東電幹部、責任を回避する専門家たち、そして各事故調査委員会で懸案となった「東電撤退」問題の真相は?首相はじめ内閣危機管理監など当事者への実名による徹底的な取材と、その証言を裏付けるメモや資料から炙り出す「運命の一〇〇時間」。

検証 福島原発事故 官邸の一〇〇時間の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 本書など原発事故関連の報告書やルポを読むと、人災の側面が大きいことが分かる。
    それは武黒フェローを含めた東電本店、それから政府に専門的な助言をするための保安院や原子力安全委員会。そしてSPIEEDIを報告しなかった文科省。無能すぎる。
    官僚主義に染まってしまうと、問題が起きたときの対応が何もできなくなるんでしょうね。
    民間の東芝が、いつかプラントメーカーである自分たちが呼ばれるのではないかと、チームを組んで自主的に現地の近くまで行っていたのは象徴的。官僚では絶対にあり得ない。
    また本書を読むと、今回の事故では理系出身の菅首相でなかったら、もっと深刻な事態になったのではないかと思ってしまいます。結果はともかく、決断の速さとリーダーシップは見習うべきものがあるのではないかと。

  • あれから4年が経ちました。あの時、官邸で何が起こっていたか、徹底した取材と実名報道で、事実、事実、事実にこだわり抜いた迫真のルポ。
    徹底的にファクトで構築された文章の背後に著者のジャーナリストとしての使命感、熱い想いが奔流のようにたぎっているのがうかがえます。

  • 東電のダメダメっぷりと官邸の混乱ぶりをあぶりだすノンフィクション。評価は星5つでもいいくらい。
    民主党政権じゃなかったら原発事故はあんなに酷くならなかった、みたいなことを言う人たちもいるが自民党政権だったら何とかなったというのはとても考えにくい。というか原発推進をした自民党政権で原発事故起こってたら自民党自体が二度と立ち上がれなくなっただろうな、とは思う。そういう意味では自民党はハイパーラッキーだったとしか思えない。
    民主党が全力をつくしたとか頑張ったとか言う気もないのだが、あの混乱の中で役に立たない東電と原子力村相手に超法規的な動きも含めてそれなりの仕事はしたのではなかろうか。
    しかし東電の撤退問題って論議のすり替えと矮小化が酷すぎて反吐がでる。

  • この前、新聞記者による本をずいぶんと貶したのだけど、この本は同じ新聞社の記者によるとは思えないくらいに面白かった。とはいえ、同じ新聞社の記者によるものだから、歪んでいるところもあるんだろうなぁ、というか歪んでない人なんていないからそれは仕方ないよね。でも、菅首相(当時)がどうだったかということはともかく、東電のダメダメっぷりがこれでもかと描かれていて、ここ最近の汚染水の海への流出とかを見ていても、そこは本当だったんじゃないかという気がしてくる。原発云々も大事な議論だけど、それを誰に任せるのかって話の方が当座の問題としては重要なんじゃないかってね。

  • 急にどうしても「あの時」の官邸、東電のドキュメントが読みたくなり購入。一日で読破。
    人の記憶や心情が絡む以上全てが「真実」ではないにせよ事実としては理解ができた。
    教訓なんてことは軽々しく言えない。

  • 小説仕立ての事故検証本。

    小説仕立てということで、グイグイ読める。

  • 実名主義とソースの可能な限りの明示によって、資料的価値が高い。事故調の報告書とあわせて原発事故について論議する際には必読か。ただ、小説仕立てになっていて、すらすら読めてしまうところが逆に危ないかも。官邸政治家を擁護する目的で一方的に書かれたのではと、レッテル張りをされてしまってはもったいない。
    技術的説明に物足りなさもある(弁が開かないー>どの弁? のような)のはしょうがないか。
    撤退問題については、「全員かどうかに問題がすりかえられた」の指摘は鋭く、国会、政府の事故調ともに、論点すり替えにはまっている。「本質的なのはプラントを放棄するかどうか」として、事実認定で事故調と矛盾せず、しかし実質的には否定する結論を述べている。

  • あの時、自分が何をし、何をしていなかったのか、なぜしなかったのかに思いを致すとともに、優れたルポルタージュの仕事に頭が下がる思いです。

  • 久々に一気に読んだです。

  • P.4
    原子力の安全性についての責務を負う原子力安全委員会の専門家たちは何の責任を取ることもなく、その職に止まり続けた。

    P.254
     再度言う。この問題は、全員撤退問題ではない。原発放棄事件だ。
     東電は原発のコントロールを諦め、放棄しようとしていた――。これが取材を通じて浮かび上がる真実だ。重ねて言う。この原発放棄事件はこれからの原発の稼働を東電が任う資格があるのかどうかを問う、極めて重要な論点だ。

全13件中 1 - 10件を表示

木村英昭の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
佐々木 圭一
朝日新聞特別報道...
ウォルター・アイ...
ジャレド・ダイア...
湊 かなえ
有効な右矢印 無効な右矢印

検証 福島原発事故 官邸の一〇〇時間はこんな本です

検証 福島原発事故 官邸の一〇〇時間を本棚に登録しているひと

ツイートする