柿日和――喰う、詠む、登る

著者 : 坪内稔典
  • 岩波書店 (2012年9月14日発売)
3.50
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 12人登録
  • 4レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000258555

作品紹介

子規のかじった柿はどんな柿?「柿喰へば鐘が鳴るなり」と詠まれ、「早く芽を出せ柿の種」と急かされ、季語にも年中頻出する柿。次郎柿、富有柿、干し柿、柿ピーと、文学でも食卓でも馴染み深い柿は、日本の原風景に典型の木であるとともに、いまやKAKIとして海外にも流通している。柿尽くしのエッセイ集。

柿日和――喰う、詠む、登るの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 柿は私にとってのキング・オブ・フルーツ。
    日本人のソウルフルーツだと思います。

  • 晩秋にゆったり紐解きたい一冊。
    俳人ならではのエピソードと薀蓄が楽しい。

全4件中 1 - 4件を表示

坪内稔典の作品

柿日和――喰う、詠む、登るはこんな本です

柿日和――喰う、詠む、登るを本棚に登録しているひと

ツイートする