書聖 王羲之――その謎を解く

著者 : 魚住和晃
  • 岩波書店 (2013年1月23日発売)
3.75
  • (1)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :14
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000258760

作品紹介・あらすじ

東晋の名門貴族に生まれ、「蘭亭序」など優美な書で知られる王羲之。だが素顔は、「骨〓(こう)高爽(高邁な精神で、誰にでもずばりとものを言うこと)」と称される硬骨漢であった。動乱の時代にあって、有能な資質を持ちながら潔癖を貫き、苦悩多き生涯を送ったといわれる。真筆が一つとして現存しないなど、王羲之をめぐる謎や逸話は数多い。著者は、中国・日本の多数の文献を読み解くと同時に、書作品をつぶさに検証。歴史と書法の両面から、書聖・王羲之の知られざる実像を鮮やかに解き明かす。

書聖 王羲之――その謎を解くの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 蘭亭序が何なのか、知る。

  • 『書聖 王羲之――その謎を解く』出版記念講演会
    日時:2013年3月24日(日)午後1時~5時頃
    会場:兵庫県学校厚生会館(JR・阪神 元町東口下車山側徒歩3分)
    参加費:一般参加者 500円(資料代)、倚雲社員 無料
    演題:『源氏物語の美意識』 中川正美
    『王羲之の人間形成について』 魚住和晃
    お問合せ:倚雲社 〒657-0022 神戸市灘区森後町1-3-19-3C
    TEL/FAX:078-891-4665
    ※会場準備の都合上、3/16(土)迄にお申し込みください

    岩波書店のPR
    「東晋の名門貴族であり、優美な「蘭亭序」など名筆で知られる王羲之。だが素顔は硬骨漢で、動乱の時代にあって苦悩多き生涯を送ったという。真筆が一つとして現存しないなど、謎や逸話も数多い。著者は日中の文献を読み解くと同時に作品をつぶさに検証。王羲之の知られざる実像と書法の魅力、後世への影響を鮮やかに解き明かす。」

全2件中 1 - 2件を表示

魚住和晃の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

書聖 王羲之――その謎を解くはこんな本です

ツイートする