政治をあきらめない理由――民主主義で世の中を変えるいくつかの方法

制作 : 山口 二郎 
  • 岩波書店
4.17
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 42
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000258890

作品紹介・あらすじ

なぜ政治への不満や失望が広がるのか。シニシズムの拡大やポピュリズムの台頭をどう考えたらよいのか。イギリスの政治学者である著者が、世界各国に共通する民主政治への幻滅という現象を分析。政治には失望がつきものだとしながらも、政治という営みの重要性について考察を重ねていく。そして、民主政治を再活性化させるために、代表制の改革や市民参加の新しい仕組みなどを具体的に提案する。日本の民主政治を考えるうえでも大いに参考になる一冊。二〇〇六年イギリス政治学会賞受賞。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 市民の政治離れは日本固有の現象かと思っていたのですが、世界的に発生している現象であることを知り、少々驚く。先人が血を流して獲得した民主主義であるが、次第に使いこなす能力を失っているのかもしれない。この本では、民主主義再生への道筋についても具体的な提言を述べているが、かなり難易度は高い。「民」の意味するところを含めて、民主主義のあり方を再考すべき時期なのかもしれない。

全2件中 1 - 2件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
赤坂 真理
ジャレド・ダイア...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする