お望みなのは、コーヒーですか?――スターバックスからアメリカを知る

制作 : 宮田 伊知郎 
  • 岩波書店
3.73
  • (3)
  • (3)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 78
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000258944

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • <blockquote>その時彼はは売ることが真正さ(オーセンティックさ)を追求するという精神をだめにしないように、真正さ(オーセンティックさ)を追求するお言う精神をだめにしないように、彼が真正(オーセンティック)だと信じるそのもの(ジ・オーセンティック)だけを売ったのだ。
    真正さ(オーセンティックさ)を定義するのは難しい。ものそのものだともいえるし、その者を唯一無二足らしめる感覚(フィーリーング)を追求するする精神だと思いえる。(P.24)</blockquote>

  • スターバックス批判本。
    「この製品が1個売れるごとに$2寄付します」という製品が単に通常品より$2以上高かったりするという、スターバックスの偽善ぶりをこれでもかという感じで炙り出していく。
    スターバックスのせいで街の喫茶店(当書の言語ではサードプレイス)が消えていくとかはどうでもいいんだけど(というかスターバックスのお蔭で美味しい店は増え不味い店は淘汰され、ドトールは美味しく且つ禁煙になりと個人的にはスターバックスの出現は良いこと尽くめだった)、フェアトレードやCSR的なイメージを打ち出しているスターバックスが、他の企業よりもフェアトレードの比率が少なく(本書によればダンキンドーナッツのコーヒーですらフェアトレード率100%でスタバは6%程度)、零細農民から買い付けていると広告する豆はほとんどしっかりとした洗浄設備を持つ大企業を経由して買っており、実際の購買価格すら把握していないという事実については、驚きはしないものも虚像イメージを作るための嘘っつきぷりにはちょっと感銘を受ける。
    コンビニ珈琲のおかげでスタバに行くことはほぼ無くなったんだけど、コンビニ珈琲がスタバよりマシな訳では決してないので、とやかく言う資格は無いためただの感想。

  • 配置場所:2F手動式書架
    請求記号:302.53||Si 6
    資料ID:W0171736

  • 2013年6月に実施した学生選書企画で学生の皆さんによって選ばれ購入した本です。
    通常の配架場所: 開架図書(3階)
    請求記号: 673.98//Si6

    【選書理由・おすすめコメント】
    スターバックスという身近なお店の話で興味を持った
    字が細かくて読むのは大変そうだがおもしろそうだと思った
    (経済学部 経済学科 1年)

  • オルデンバーグの本を読んだ後だったので、第三章に最も興味を惹かれた。スターバックスがオルデンバーグがいうところのサードプレイスではないという指摘がされている。

  • 2014 4/23 1-3章を中心にパワー・ブラウジング。恵文社一乗寺店で購入。
    たぶんこれは図書館を考える上でも有効な示唆をいっぱい含んでいると思って入手した、スターバックスから現代アメリカの文化/消費行動を見る本。


    本書ではスターバックスは「真正さ」や「サード・プレイス」を名乗りつつそれは実際は売るための戦略であることが指摘されていて、特に「サード・プレイス」についてはオルデンバーグが意図した意味でのそれにはまるでなっていない(安全/開かれていなくて/他人との会話はめったにおこらない)ことが批判されている。
    著者は、当初はスターバックスをサード・プレイスだと思っていたし、その他の様々な点についても「なぜスターバックスは成功したのか」という肯定的な論調で調べ始め、どんどん考えるうちに、結局人々がスタバに求めていたらしきもの、スタバの約束は何も実現されていないじゃないかということに気づき、批判するサイドに回ったという。
    しかし、そういう場(サード・プレイスかとおもいきや実は全然そんなことない場所)こそを求めている人がいっぱいいるって話でもある。万人に開かれた場ではない場にいることを消費する?
    その戦略は図書館は取り入れづらいが、しかし、万人向けの場は誰も来ない場かもよ?

    逆にアメリカでスターバックスの凋落がはじまったのも、普及しすぎて「ほかと違う自分」を演出したり消費を通じてそういう気分に浸ったりできる場としての機能を失ったからではないかみたいな方向につながっていって、しかしそうなると最初から「ほかと違う」の演出に使いうる性質を持たない図書館はどうしたらいいのかね。万人に開きながらそういう雰囲気を持たせることはできるんだろうか。

  • なぜ、スタバが人気なのか。スタバに焦点を当てた社会学の本。原書もうちにあるぞ。棚では邦訳の隣に。なければ貸出中だから予約してね!
    Everything but the coffee: learning about America from Starbucks.
    (673.97/Si61e)

  • スタバに関して深く解説している。近くのスタバに行ってみたが、確かにMacノートを使っている人が二人いた。

  • 和図書 673.9/Si6
    資料ID 2013100677

全10件中 1 - 10件を表示

ブライアン・サイモンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊賀 泰代
佐々木 圭一
ヴィクトール・E...
有効な右矢印 無効な右矢印

お望みなのは、コーヒーですか?――スターバックスからアメリカを知るを本棚に登録しているひと

ツイートする