戦後日本の国家保守主義――内務・自治官僚の軌跡

著者 :
  • 岩波書店
2.75
  • (0)
  • (0)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 20
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000258951

作品紹介・あらすじ

明治から昭和戦前期まで、大蔵官僚と並んで権勢を誇った内務官僚は、敗戦により内務省が解体された後も、その後継官庁で生き延び、日本の支配を担ってきた。彼らは、現役時代は国家の中枢を支え、「天下り」後は「国家の触手」として社会に働きかけた。官僚たちの思想と行動から、日本の支配構造に新たな光を当てた画期的著作。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 石原信が内閣官房副長官を退いて1995年に鈴木の後継を狙って都知事選に出たが青島幸雄に敗れたのは、大物自治官僚が知事をする時代の終焉だった。
    戦後の焦土の中から旧内務官僚が目指した国家機構の権威の再建は1970年代後半までに一定の成果をあげた。

  • 戦後日本の支配構造を支えた者たち、その軌跡をたどり、国家保守主義の転換を描く。
    明治から昭和戦前期まで,大蔵官僚と並んで権威を誇った内務官僚は,敗戦により内務省が解体された後も,自治省などの後継官庁で生き延び,日本の支配を担ってきた.彼らは,現役時代は国家の中枢を支え,「天下り」後は「国家の触手」として社会に働きかけた.内務・自治官僚たちの思想と行動から,日本の支配構造に新たな光を当てた画期的著作。(2013年刊)
    ・はじめに
    ・第1章 内務官僚の系譜
    ・第2章 中央・地方政治への転身
    ・第3章 戦後の準国家機関の再生
    ・第4章 準国家機関の増殖と天下りの拡大
    ・おわりに
    ・人名索引

    期待していたほど面白くなかった本。第1章、第2章ともに良く調べてはあるが、目新しさは感じなかった。第3章は面白い。天下りポストを分析し、官庁所管の法人を準国家機関として位置づけ分析を行っている。第4章は単に天下り批判にとどまっている感じがして不満がある。
    おわりには、読んでいて意味がわからなかった。各章をまとめると、このような結論になるのだろうか。著者の言わんとしている事はわからないでもないが、結論が飛躍しているきらいがある。
    押さえなければいけない文献が、押さえられていないと思われる部分もあり、画竜点睛を欠いた感じがする。

  • かつて戦前日本の中枢を担っていた内務官僚は
    戦後も自治省・厚労省など官僚として国家保守主義を担ってきたと結論づける。

    →1970年代後半から内務官僚が宮内庁中枢や政務官として登用されるようになった。

    官僚制はトップ人事の制度化をすることで権威付けと自律性の確保を図るようになる。

全3件中 1 - 3件を表示

中野晃一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
古賀 茂明
砂原 庸介
ジャレド・ダイア...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする