聖なるものの「かたち」――ユーラシア文明を旅する

著者 :
制作 : 大村 次郷 
  • 岩波書店
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 14
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000259514

作品紹介・あらすじ

聖なるもの…暮らしの中で抱く何ものかに対する畏敬と畏怖…祈りと願望のために為す造形の妙。本書は、広大なユーラシアを舞台に幾星霜をかけて埋め込まれてきた聖なるものの「かたち」の諸相を俯瞰しながら、地域や民族、宗教の違いを超えた聖なるものの地下水脈を丹念に掘り起こしていこうとする試みである。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 哲学的探究ではなくて、文化人類学的アプローチ。
    思索ではなくて旅とタイアップしたエッセイ集のようなタッチ。
    色々な知識を得ることはできた。
    最後に、現代が「聖なるもの」から「俗なるもの」へ移行することを嘆いておられる。もっとも言いたかったことなのでしょう。

全1件中 1 - 1件を表示

プロフィール

国立民族学博物館名誉教授。愛知県名古屋市生まれ。
1964 年名古屋大学文学部インド哲学専攻卒、1966 年同
大学院修士課程修了、1967 年同博士課程中退、1970 年
ハーバード大学大学院インド学科博士課程単位取得退学、
1975 年?The structure of the world in Udayana’s realism’
により同大学Ph.D.、1985 年「中論の思想」で名古屋大
学文学博士。1973 年名古屋大学助教授、1982 年国立
民族学博物館助教授併任、1989 年名大および民博教授、
1992 年総合研究大学院大学教授併任。2004 年3 月民博
名誉教授。1991 年アジア・太平洋賞特別賞、1997 年中
日文化賞、2001 年中村元東方学術賞。2008 年紫綬褒章。
2015 年瑞宝中綬章。
著書に『聖なるもの俗なるもの』(2006 年)、『マンダラ
という世界』(2006 年)、『仏とは何か』(2007 年)、『空
の実践』(2007 年)、『ヨーガと浄土』(2008 年)、『ヒン
ドゥー神話の神々』(2008 年)、『聖なる幻獣』(2009 年)、
『アジアの仏教と神々』(2012 年)、『ブッダから、ほとけへ』
(2013 年)、『ヒンドゥー教の歴史』(2014 年)、『聖なる
ものの「かたち」』(2014 年)、『弥勒の来た道』(2015 年)、
『ネパール密教』(2015)等多数。

立川武蔵の作品

ツイートする