専門家として教師を育てる――教師教育改革のグランドデザイン

著者 :
  • 岩波書店
3.50
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 32
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000259613

作品紹介・あらすじ

日本の教師教育は国際比較で最低レベルに落ち込んでいる。教職の高度化と専門職化は、教育改革の喫緊の課題である。教師の半数近くが向こう10年間で入れ替わる現在、教師教育改革の成否が日本の未来を決定するだろう。本書では、専門家として教師が育つための政策と実践を、グランドデザインとして開示する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 【請求記号】
    374.37||321

    【蔵書検索リンク】
    http://nieropac.nier.go.jp/webopac/catdbl.do?pkey=BB16326262&initFlg=_RESULT_SET_NOTBIB

  •  切実さと誠実さにあふれた一冊。
     毎週のように日本やアジアの学校を回り続けている筆者だからこそ。
     今当たり前に見えている学校の姿は、相当な支援がなければ保持し続けることはできないことを。

  • 2015.7.12教育行財政研究のレポート課題に使用した参考資料。教員養成課程において実践的能力等の育成を考えるなら4年ではなく5,6年の養成課程に根本的に改革すべきという主張を参考にさせて頂いた。また他にも反省的実践家という専門職としての教師像、教師の職人生と専門性など、参考になる意見が多かった。すべて読んだわけではないが、現代における教師とは何か、というところまで含めしっかりと教員養成について考察されている本だと思われる。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

佐藤 学(サトウ マナブ)
1951年、広島県生まれ。東京大学大学院教育学研究科 博士課程修了。教育学博士。三重大学教育学部助教授をへて、現在、東京大学教育学研究科教授。
◎おもな著書
『米国カリキュラム改造史研究=単元学習の創造』(東京大学出版会)、『学び その死と再生』(太郎次郎社)、『教育方法学』(岩波書店)、『カリキュラムの批評』(世織書房)、『教師というアポリア』(世織書房)、『シリーズ・学びと文化』(共編、東京大学出版会)など

「2018年 『学びの身体技法』 で使われていた紹介文から引用しています。」

佐藤学の作品

ツイートする