集団的自衛権の何が問題か――解釈改憲批判

  • 岩波書店
3.20
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 40
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000259897

作品紹介・あらすじ

安倍首相が執着する集団的自衛権の行使容認。憲法九条を実質骨抜きにし、平和国家としての日本のあり方を根底から覆すに等しいことを、閣議決定で済ませてよいのか。立憲主義の破壊など憲法解釈の変更がもたらす深刻な事態について、憲法学者、政治学者、ジャーナリストなどさまざまな論者が多角的に分析。安保法制懇の報告書、パネルを使用した総理会見、与党協議等に現れた国民をミスリードする数々の議論に対しても批判を加える。過去の政府答弁など充実した資料も付した、全国民必読の書。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 奥平康弘・山口二郎編『集団的自衛権の何が問題か』岩波書店、読了。本書は20人の識者による集団的自衛権批判の書。「解釈改憲批判」(副題)の通り、その手法と説明の論理的破綻を突く。「解釈変更で既成事実を作り、中身を無意味化し、そのうえで憲法改正を狙う」現政権のあり方を根源的に批判する一冊。

    本書は次の3つの角度、1.安倍政権は何をやりたいのか 2.立憲主義の破壊 3.国際環境の変化と集団的自衛権、で検証し、丹羽宇一郎、村上誠一郎、北澤俊美のインタビューを収録、巻末に関連資料を収録する。

    「憲法九条の解釈はいくつかの議論がある。その違いを超えて、憲法に基づく政治を守るために、安倍政権による憲法泥棒を許してはならない」(山口)。本書は六月に緊急出版。危機を憂える市民の戦う武器になる一冊。

  • 「集団的自衛権」閣議決定される
    https://www.iwanami.co.jp/keyword/index_csd.html

    岩波書店のPR
    https://www.iwanami.co.jp/keyword/index_csd.html

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1955(昭和30)年、栃木県宇都宮市生まれ。下野新聞社を経て、1991年に中日新聞社に入社。1992年に防衛庁(現在の防衛省)担当記者となり、現在に至るまで国防、軍事について取材している。記者として勤務するかたわら、1993年には防衛庁防衛研究所特別課程修了。現在、東京新聞論説兼編集委員。獨協大学非常勤講師。主な著書に、『自衛隊vs.北朝鮮』(新潮新書)、『日本は戦争をするのか――集団的自衛権と自衛隊』(岩波新書)、『闘えない軍隊 肥大化する自衛隊の苦悶』(講談社+α新書)、『僕たちの国の自衛隊に21の質問』(講談社)など多数。

「2016年 『零戦パイロットからの遺言 原田要が空から見た戦争』 で使われていた紹介文から引用しています。」

半田滋の作品

ツイートする