ポケットの中の野生 (今ここに生きる子ども)

著者 :
  • 岩波書店
3.50
  • (1)
  • (2)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 34
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (174ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000260688

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ゲーム「ポケモン」による子供の無意識的衝動(野生)の分析。レヴィ=ストロースの話もあり。科学と魔術の違い、無意識の中に眠る衝動などが、ゲームの要素と絡めて論理的に表現されている。
    ポケモンがメンコ遊びの頃から続く伝統であり、冒険のための(知識により分類された)小宇宙の世界とは、なるほど頷ける。

    少々古い本だが、今読んでもためになった。
    2章~5章は難解な表現が多く、少し読み辛いため☆は4つ。内容的には☆5級。
    6章の贈与論の話は分かりやすかった。人格の一部をモンスターにこめて、交換ではなくあげてしまうのだ。

  • 「つまり、ことばの体系に組み込まれていない欲動の流れを「霊」と呼び、「対象a」を「贈与されるもの」と言い換えてみれば、『ポケモン』のゲームについてこれまで私が語ってきたことのほとんどは、そのまま人類学の探求してきた「贈与論」のテーマと重なっていくのである」 ー 151ページ

    精神分析やら人類学やらの視点からポケモンを眺めた本書が出たのはすでに15年以上であるが、現在の戦略ゲームとして特化したポケモンを見たとき、中沢新一はなにを思うのか気になるところ。

    自分自身、ポケモンをやってて思うのは、自分の性格が使ってるパーティの性格にある程度対応している、あるいは、使ってるパーティから自分の性格を見出そうとしているところがあるなということ。

    勝てるパーティを構築するために色々試してみるのも面白いんだけど、何か自分らしい戦略みたいなのはあって、それで勝てるように組もうとしている姿は自分で見てもある種の自己分析的なところがあるなと感じている。

  • 閉塞した現代の子供たちの心に、野生の思考を甦らせた「ポケモン」というゲーム。宗教人類学者の中沢新一がその功績を鮮やかに紐解く。ゲームなんかやってないで勉強!…ってのはもう古い考え方ですよね。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

中沢新一(なかざわ・しんいち)
1950年生まれ。東京大学大学院人文科学研究科修士課程修了。現在、明治大学野生の科学研究所所長。思想家。
著書に『アースダイバー』(桑原武夫学芸賞)、『大阪アースダイバー』、『カイエ・ソバージュ』(小林秀雄賞)、『チベットのモーツァルト』(サントリー学芸賞)、『森のバロック』(読売文学賞)『哲学の東北』(斎藤緑雨賞)など多数ある。

「2018年 『精霊の王』 で使われていた紹介文から引用しています。」

中沢新一の作品

ツイートする