旧約聖書〈13〉ルツ記 雅歌 コーヘレト書 哀歌 エステル記

制作 : 月本 昭男  勝村 弘也  旧約聖書翻訳委員会 
  • 岩波書店
3.67
  • (2)
  • (0)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 14
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (250ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000261630

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • -内容- 旧約聖書の最新邦訳、全15巻の第13巻。人と世界の運命への、深くリアルな洞察を綴る詩と物語。脚注、図版や地図などで背景の理解にも心を配った構成で、旧約聖書の壮大かつ滋味豊かな世界を堪能できる。

  • ルツ記 鉄のマチズモが、特殊被差別民のまんこを保護し、「聖王が冥府へ行って帰ってくる」といふ豊穣神話にすらなるといふ必殺技。
     雅歌・・・日本語とかギリシャ語には女性器を「へそ」で表す事があるけれどもヘブライ語でも一緒ですか。でショシャナーやハバッツェレトが、ある特定の植物を指す語ではないといふ指摘がある。
     コーヘレト書 九章十節を見て泣いた。ダジャレ満載で多分これの朗読を聴くヘブライ語圏土人が腹筋痛くしながら聞いてゐるとしても、ちょっと来た。てふか「愚者の笑いは鍋の下ではじけるいばら」とか言ふのは、sir といふ名詞と、あっちでも名刺には複数形imを付けるのがデフォと言ふのがわからないと面白くないので。
     哀歌 上記のよりは少ないが、ある。
     エステル記 ヘブライの冬至の辺とお正月とどんど焼きとかと節分辺りのお祭りに関するいろいろ。ヘブライ語による「ウリナラマンセー」がきっついので、ルターすらもむかついてたと言ふのが面白い。

  • これはまだ読めた…

全4件中 1 - 4件を表示

旧約聖書〈13〉ルツ記 雅歌 コーヘレト書 哀歌 エステル記を本棚に登録しているひと

ツイートする