岩波 新・哲学講義〈2〉神と実在へのまなざし

著者 :
  • 岩波書店
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 15
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (219ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000261920

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 内山勝利の紙上講義では、タレスからプラトン、アリストテレスまでの古代哲学のおおまかな流れが、とくに神と実在の探究という観点からわかりやすく解説されています。

    四つのセミナーは、いずれも一部に対話篇という形式をとりいれています。中畑正志が執筆している「自然を超えるもの」は、現代哲学における大きな問題である自然主義について、プラトンとアリストテレスが対話をおこなっています。川添信介が執筆している「創造の理法」は、いわゆる永遠真理被造説をめぐるトマスとデカルトの対話です。塩川徹也の「神と賭け」はパスカルの思想について、吉本浩和の「神なき時代の存在論」はニーチェとハイデガーの思想について、それぞれ解説がなされています。

    中畑と川添の執筆している対話篇は、いずれも哲学の中核的な問題を、架空の対話を通して親しみやすいかたちであつかっており、たいへん興味深く読みました。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1949年生まれ。哲学者。専攻は、科学哲学。東北大学名誉教授。

「2021年 『新視覚新論』 で使われていた紹介文から引用しています。」

野家啓一の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×