コミュニティ・ソリューション―ボランタリーな問題解決にむけて (〈叢書〉インターネット社会)

著者 :
  • 岩波書店
3.00
  • (0)
  • (2)
  • (7)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 19
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (278ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000262774

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • リナックスや地域医療などの例を取り上げながら、ネット社会におけるコミュニティの新しい可能性について考察している本です。

    「グローバル・スタンダード」と「コミュニティ・ソリューション」という二つの契機を取り出して、その間に起こる問題を考察するという本書の枠組みそのものは興味深いと感じましたが、具体的な中身がまだ十分に詰められていないような印象もあります。もっとも、1999年に刊行された本なので、致し方ないのかもしれません。

  • [ 内容 ]
    ネット上に生まれる新しい形のボランタリーなコミュニティ。
    だがそれらはネットの抱える信用や認証問題などの深刻な問題を解決できるのか。
    社会や経済にどのような変革をもたらすのか。
    現場から徹底的に検証する。
    リナックス・モデルは世界を変えるか。
    グローバライゼーションとコミュニティ指向へ二極分解するインターネット社会、金属疲労している政府や企業の組織…さまざまな自発的なコミュニティが、新しいやり方で、これらのゆきづまった問題をみごとに解決してゆく。

    [ 目次 ]
    第1章 ふたつのコモンズ
    第2章 コミュニティ・ソリューションの出現
    第3章 関係のメモリー
    第4章 グローバル・スタンダードとのせめぎ合い―食と森の認証
    第5章 ヒューマンサービスとコミュニティ・ソリューション

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

2016年11月現在現在,明治大学経営学部特任講師,慶應義塾大学名誉教授

「2016年 『ソーシャルインパクト・ボンドとは何か』 で使われていた紹介文から引用しています。」

金子郁容の作品

ツイートする