落語の愉しみ (落語の世界 1)

制作 : 延広 真治  川添 裕  山本 進 
  • 岩波書店 (2003年6月10日発売)
3.50
  • (0)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • 18人登録
  • 3レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (255ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000262989

作品紹介

落語は、なぜおもしろいのだろう。おなじ噺を何度聴いても、なぜおかしいのか。ひとり語りの芸に、なぜ引き込まれるのか…。本冊では、四〇〇年の歴史をもつ古典芸能ならではの、落語のふしぎな魅力を解きあかす。読めば落語がもっと楽しくなる、落語好きのためのシリーズ、第一冊。

落語の愉しみ (落語の世界 1)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • <閲覧スタッフより>
    「落語」とは?
    江戸中期に始まった庶民的な話芸。 人情ものや怪談ものなど、様々なカテゴリがあり、噺の最後に「落ち」と呼ばれる結末がつくため、「落語」と言われます。 また、同じ噺でも噺家によって違ったりと、色々な楽しみ方があります。

    --------------------------------------
    所在記号:779.13||ラセ||1
    資料番号:10154577
    --------------------------------------

  • 請求番号:779.13/Nob/1

  • 落語の面白さを理論的説いた一冊。

全3件中 1 - 3件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
平岡 正明
平岡 正明
有効な右矢印 無効な右矢印

落語の愉しみ (落語の世界 1)はこんな本です

ツイートする