儀礼と象徴の中世 (ヨーロッパの中世 8)

著者 :
  • 岩波書店
3.20
  • (1)
  • (0)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 30
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (290ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000263306

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 根回しの上に立って演出される政治――割と、今の「西洋」からは想像つかない。"Oh! Japanese Nemawashi!!" という言葉は英語でも聞くことがあるが、理解者は相当な日本通に限られるし、西洋人一般はむしろ「野蛮」「遅れている」と判断しそうな心的機構だ。

    本書を通じて、筆者は「カノッサの屈辱」事件について述べる。個人的にも興味のあるテーマなのだが、事件が教会史上果たした影響力も、抽象的にして多面的にして、推し量りがたく、さらっと読んだだけではイメージをつかめない。詳しく全部は読み終わっていないけど、時間があればまた還ってこようっと。

  • 中世は儀礼と象徴に満ち溢れた世界だった。儀礼行為と象徴の分析から、中世世界の深層にある原理をあぶり出す。
    ある小説の参考図書として挙げられていて読んでみた。もともと中世ヨーロッパの歴史や騎士関連には興味があったのだけれど、儀礼や儀式の観点から見たヨーロッパとは意外なところを突いてきたなぁという感じ。視点自体は面白いけれど、内容がどうかというと直接的な関連がないせいで退屈。よっぽど興味がある人なら別だけどあんまり面白くない。レポート向けかなーと思った。一番へえと思ったのは中世初期の戦争は今みたいに相手を殺したりはほとんどしなくて、敵味方のパイプラインが常にあったっていうこと。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

池上 俊一
池上俊一:東京大学大学院総合文化研究科教授

「2014年 『ヨーロッパ中近世の兄弟会』 で使われていた紹介文から引用しています。」

池上俊一の作品

ツイートする